サブマリンによろしく (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 27人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 大津光央
  • 宝島社 (2017年5月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800271310

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

サブマリンによろしく (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごくドキドキしながら読み進めた……。騙されているとも知らずにーー!! というのが読後直後の素直な感想。
    物語の中で組み立てられた物語要素が果たしてどこからなのか見抜けなくて、サブマリンの真実は結局どうなのー!?
    またいつか読み直してみるといいのかも。

全2件中 1 - 2件を表示

サブマリンによろしく (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

サブマリンによろしく (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

サブマリンによろしく (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

サブマリンによろしく (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の作品紹介

二十八年前、八百長疑惑をかけられてみずから命を絶った伝説の下手投げ投手K・M。行方不明になっていた千五百奪三振の記念ボールが発見されたのをきっかけに、彼を再評価する動きが起こる。作家の芹澤真一郎は、K・Mの伝記を書くべく関係者たちのもとを取材して回るが、彼にまつわる逸話にはいくつもの謎があった-。途絶した芹澤の原稿を引き継ぎ、野球嫌いの「あたし」が謎に迫る。

サブマリンによろしく (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする