ゼロの激震 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 179人登録
  • 3.73評価
    • (9)
    • (23)
    • (16)
    • (2)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 安生正
  • 宝島社 (2017年6月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (473ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800272461

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ゼロの激震 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 安生正『ゼロの激震』宝島社文庫。

    『生存者ゼロ』『ゼロの迎撃』に続くゼロ・シリーズの第3弾。手に汗握る展開に、460ページがあっという間だった。

    阪神淡路大震災を境に、今やいついかなるところで大規模自然災害が起こるか解らぬ世の中になったように思う。しかも、その発生サイクルは次第に短くなっているようだ。本作は、そんな未曾有の大規模自然災害と闘う男たちを描いたSFのようなパニックサスペンスである。最近、読んだ高嶋哲夫の『富士山噴火』と映画『アルマゲドン』を掛け合わせたようなストーリーであった。

    不思議な大規模災害が頻発する北関東。栃木と群馬の県境で起きた大規模土砂崩れ、栃木で震度5の地震の直後に街で人びとが大量死するなど、天変地異が相次ぐ。そんな中、元大手建設会社の優秀な技術者だった木龍の前に奥立という謎の男が現れ、天変地異の原因は大規模なマグマ活動であり、関東壊滅を阻止するためには木龍の力が必要だと、協力を依頼する…

  • 「ゼロ」シリーズらしい、壮大で恐ろしい話。

    発端は、つまらない人間の欲とエゴ。
    結果は、このまま行くと日本滅亡。
    日本のみならず、アジアはもちろん全世界に
    少なからぬ悪影響が予想される。

    それを、最悪の事態を避けるために、
    それでもかなりひでーアイディアを実行しに行く
    市井のヒーローたちの物語。

    主人公に感情移入すると、かなり救いのないラスト。
    だが、これがこの状況下で選びうる最善の選択。
    登場人物がほぼおっさんのみという、男臭い話。

    いや、なかなかドキドキしながら読みました(^ ^;

    が、ときどき、ちょっとリアリティの点で
    いかがなものか...と思う部分も無くはない(^ ^;

    例えば「新宿で地割れ噴火が起きてるのに、
    首相官邸で会議してる」とかは...??(^ ^;
    直線距離で5Km位しか離れてないのでは?(^ ^;

    あと、小説だからでしょうが、
    日本の首相が「格好良すぎる」(^ ^;

    現実は、今の日本の体制だと、
    すぐアメリカにお伺いを立てて、
    この場合だと「見捨てられて」パニックでおしまい...
    となるだろうな、と(^ ^;

    それは作者のせいではありませんが(^ ^;

  • 三作目。今回は突然の地震から、関東一帯壊滅かという、将来起きたら本当に怖い話。
    常々、マントルって誰も見たことないし、地球の中心に向けて穴掘ったら人類のロマンが、、、なんて夢想してたけど、人間のエゴ以外何物でもないのかも。呆気なく飲み込まれる人々に日本どうなるの?と、映像化されたらかなり衝撃的な画になるに違いない。

  • ゼロシリーズ三作目。相変わらず面白かった。
    関東平野の地下深くで活性化した火山活動にどう立ち向かうのか。分からない専門用語が多くても気にならないくらいその他の書き込みも多く、ほとんど休まずに読み切ってしまった。
    歴代だとやっぱり生存者ゼロが一番面白かった気はする。
    170828

  • <ゼロ>シリーズの三弾目。
    今回は、地震により関東地方が絶滅の危機に瀕するかという現実感たっぷりのパニックサスペンス。
    北関東から始まった大規模災害が、やがて東京に押し寄せる。
    しかし、この事象は効率性ばかりを考え技術的検証をおろそかにした人類の都合で進められたプロジェクトがもたらしたもの?
    それを阻止するべく開発技術者が立ち上がる。
    太平洋プレート、マントル、マグマ溜まり、関東フラグメント、あるいは関東造盆地運動等々、地震関連用語が飛び交い、まるで大学の講義録を読む様。
    巻末の主要参考文献の数々が、著者のこの作品に対する意気込みを伝える。
    「今ここにある危機」として、首都直下地震が語られている現在、物語の中で描かれている新宿区や港区とかの惨状は、けっして絵空事とは思えない。

  • ‹内容紹介より›
    不可思議な大規模災害が頻発する北関東。そんな折、元大手建設会社で技術者だった木龍のもとに奥立という男が現れる。すべてはマグマ活動にともなう火山性事象が原因であり、これ以上の被害を阻止すべく木龍の塚らを借りたいという。やがてマグマは東京へと南下していく。このままでは関東が壊滅、日本が滅んでしまうーー。未曽有の危機にゼネコン技術者たちが挑む、パニックサスペンス。

    ーーーー
    帯にも「迫りくる巨大マグマ、東日本消滅の危機!」と大きく煽り文句が書かれており、一級品の災害パニック小説だと思います。
    技術者たちの意地や矜持、その裏に潜む政治の思惑、それらが不幸な形で実を結んだとき、関東平野の直下に巨大なマグマだまりが形成されました。
    都市機能の真下に潜む大地の怒りの脅威。
    やがてそのマグマは火山性の地震、そして噴火へとつながり、多くの死者・行方不明者をだします。
    全ての情報が開示されず、原因究明や災害予知、避難経路策定などにも困難をきたすなか、一つのアイディアが提案され、木龍に日本の未来が託されることになります。

    行政側とゼネコン側の互いに依存しあっているような関係性や、災害の描写、そして災害の原因となる地質学的な部分など、とてもリアルに描かれているように感じました。読んでいてハラハラする場面が多かったです。
    ただ、地学の知識がある程度ないと(もちろん、専門的な内容ではないですし、説明もなされているので、問題はないのでしょうが)、読んでいてつらい場面が出てくるかもしれません。
    実際、地学の授業をロクに聞いておらず、地層や岩石の特色はおろか名前も覚えていなかったので、この災害の原因はこういうところにあるのだよ、とあかされていく場面を読んでも、いまいちピンときませんでした。
    ……ピンと来なくてもストーリーを理解する上では全く困りませんでしたけれど。

  • もう少し未来の日本、マントルにも届くぐらいの杭を打ち地熱発電を行うシステムを開発した。その後、北関東でマグマが発生するなどの事象が起こり、技術者の主人公が国のプロジェクトメンバーによばれ、問題解決に挑むパニックモノ。
    他の「ゼロ」シリーズもそう感じたが、シュチュエーション、題材、タイトルは「おお」と思い、興味を引くのだが、長い説明文やストーリー展開はいまいち牽引力にかける感。でも一番の山場では、主人公や周りの漢達の心意気にぐっとくる。

  • 災害現場での自衛隊や科学者の活躍を描いた作品はこれまでも数多くあったけれど、土木技術者にスポットをあてたものは初めて読んだ。
    巨大構造物はもちろん、どんな建物も道も町もこの人たちなくしてはできていない。ありがとう。

  • 面白いが、専門用語が多すぎる…

    マントルの熱を利用した超巨大発電所の建設からほどなく、関東でマグマの噴出が頻発する。

    このままでは首都が壊滅すると思われたところに巨大発電所の工事を指揮した男が立ち上がる。
    果たして、東京の壊滅は防げるのか…

    ラストはイマイチだけど、ストーリーとスピード感はかなりのもので、続きが気になってあっという間に読了しました。

    残念なのは、地殻や工学系の専門用語があまりにも多過ぎ&難しすぎなので、もう少しバカ向けに書いてくれたなら、もっと物語に入り込めた気がする。

    マグマとかマントルとかその辺が好きで、スピード感がある小説が好きな人にオススメです。

  • 人が追い求める世界って何だろう。先を見通せない技術は何の為になるのだろう?関東がマグマに沈む!!

    なぜ?? どうしたら良いのか?? 対応するのは人しかない。人を救うために取る行動に心を奪われる。この先も続く世界のために行動するそのことが美しい。

全20件中 1 - 10件を表示

ゼロの激震 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

ゼロの激震 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゼロの激震 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゼロの激震 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の作品紹介

不可思議な大規模災害が頻発する北関東。そんな折、元大手建設会社で技術者だった木龍のもとに奥立という男が現れる。すべてはマグマ活動にともなう火山性事象が原因であり、これ以上の被害を阻止すべく木龍の力を借りたいという。やがてマグマは東京へと南下していく。このままでは関東が壊滅、日本が滅んでしまう-。未曾有の危機にゼネコン技術者たちが挑む、パニックサスペンス。『生存者ゼロ』『ゼロの迎撃』に続く"ゼロ"シリーズ、最新文庫!『このミス』大賞シリーズ。

ゼロの激震 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする