「つらいから、会社やめます」が 言えないあなたへ

  • 12人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 心屋仁之助
  • 宝島社 (2017年9月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800273390

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

「つらいから、会社やめます」が 言えないあなたへの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00542314

  • 随所に「嫌われる勇気」と共通の考え方があるなと思った。頑張らなくていい、嫌われてもいい、確かにその通りだ。

  • 心屋さんは、ブログ読んだり講演会聞きに行ったり、ライブ聴きに行ったりする中で、全部根っこでは同じことを言っていて、ターゲット別にわかりやすい表現で書籍を出してくれてる感じがする。

    で、「前者/後者」「飛ばね族/飛ぶ族」「戦略型/ひらめき型」というような話がいろんなところで書かれていて、自分がどっちのタイプかが気になる...

    が、結局はどっちのタイプでもよくて、重要なのは
    ・世界には(身近にも)、自分と全く違うタイプの人間がいる
    ・苦手なことを無理やりやるより、得意・好き・ワクワクすることを思う存分やる方が、トータルとして力を発揮する
    ってことが大事なのでは無いかと思う今日この頃。

    あと、「嫌われる勇気」とも近いところだと、どうせどうやったって嫌われる人には嫌われるので、だったら思う存分自分の好きに生きた方がいいよね、と。

    その結果、自分らしく生きるほど、自分と合う人、好きな人にどんどん囲まれて好かれていくんだろうね。

    ちなみに、最初のタイプ分け、読めば読むほど自分は後者・飛ぶ族・ひらめき型と思われる。そういえば、「どうせ自分ひとりじゃちゃんとできないのだから、周りの人を頼りにしよう」と思い始めたころから、いろいろいい方に変わってきた気がするなぁ。

  • そうだね、その通り、だから今すぐ会社をやめよう、とは言えない。それは言えないし、決心もできないが、これならできるかもしれない、ということがある。それは、嫌われることを恐れないこと。嫌われている、ということをしっかりと認め、それでもいいんだ、と胸をはること、どのみち、嫌われる。だったら好き放題して嫌われてればいい。やりたくない仕事は恐れずに断る。そこは何度も読みかえして、バイブルにして、この先2年くらいはモットーにして働いていきたいと思った。

  • 踏み出しかけては止まったりしているけど、大丈夫、自分がついてるから安心して寝なさい、って言ってくれた言葉を頼りに歩こう

全5件中 1 - 5件を表示

「つらいから、会社やめます」が 言えないあなたへを本棚に登録しているひと

「つらいから、会社やめます」が 言えないあなたへを本棚に「読みたい」で登録しているひと

「つらいから、会社やめます」が 言えないあなたへを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする