三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)

  • 87人登録
  • 3.65評価
    • (2)
    • (7)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
  • 宝島社 (2017年9月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800273475

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
恩田 陸
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「本当は、なんで殺したと思ってるんですか?本当のことに興味はないかな、あなたはー。」

    二度の殺人を犯した三隅と衝撃の秘密を抱える被害者の娘咲江に翻弄される重盛。三度目の殺人とは誰が誰を殺すのか…
    この作品はスッキリした推理や検事と弁護士の激しい攻防を期待してはいけない。

    同じ殺しなのにお金目当てより怨恨の方が罪が軽くなるらしい。法律とは不思議なものである。
    そしてその法を利用し、被告人の有利になるようにシナリオ、法廷戦術を考える、それが弁護士の仕事なのだ。そこに真実がなくてもいい。怖い闇を見た気がした。

    重盛もそんな弁護士だったけど、三隅と出会い何かが変わる。真実を、三隅を知りたくなり、三隅の意思を尊重し、そして…。

    最後まで三隅に翻弄されラスト重盛は悶々とする。ノベライズでは映画よりも悶々とする。闇がさらに増えた感じ。救ったのか裁いたのか…本当の事は結局ノベライズでもわからない。
    わからないからこそ、人を裁くことの意味について深く考えさせられた作品だった。

    重盛が見た夢が興味深い。十字架と大の字。あの雪のシーン大好き。

  • 映画の原作はよく読むけど、映画のノベライズってあんまり読んだことなくて、この映画にちょっと興味があったので買ってみました。

    う〜〜ん、なんかモヤモヤする。スッキリしない。
    帯には「会うたびに変わる供述、二転三転する動機」ってあるから、もっと役所さんが巧みな話術で重盛を翻弄するのかと思ってたけど、そうでもなくない?
    重盛と娘の関係も、必要あるんだかなんだか……。かかってきた電話にはどんな意味があったのさ。

    でも、改めて「犯罪は犯すもんじゃない」ということは伝わりました。裁判官、検察官、弁護士のなあなあな感じで自分の量刑決まっちゃったりするんだもの。真実なんて関係ないんだもんねえ。

  • 真実よりも減刑のため、周りの人が描いた絵で進められていく。現実はそうなんですね。坦々と進められて、どうも物足りなかったな。書く人によってはずーんとくるものが書けるのでは。最初に映像があるっていう読み物は、こんなもんでしょうか。
    真実は明かされず闇の中だ。

  • 映画を先に観て、自分の中では色々と腑に落ちたものがあったので自分なりには完結できたのだけど、ノベライズがあるとなればもしかしたら勘違いしていた部分や更に深いところの説明があるのかも…と思いまんまと手にとってしまった。

    けれど、基本的にはこれはあくまで原作小説ではなくノベライズ本なので、文章や中身はかなり薄いというか軽いというか物足りない。
    ただただ映画の復習版だった。
    新たな発見が欲しくて読んで観たけどこれと言って求めていたことはなかった…ように思えたのだけど、

    一点だけあれ⁇って部分があって。
    これはシナリオ本とかでもないのでまんま全てが一緒なわけではないと思う。
    ないとは思うんだけど、最後の法廷のシーンの描写でそんなのあったっけ⁇ってのがあり、混乱(笑)

    単に映画で見逃しただけかなと思ったんだけどそのシーンかなり慎重に彼を観ていたんだよな…でもそんなのはなかった気がして。。
    あえて映画ではやらなかったのか、
    映画でもやってることになっているが私たち観客には見えなかったという演出があったに気づかなかったのか、
    普通に見逃したのか、

    そこだけめちゃくちゃ気になるーーーー‼︎
    とりあえず観た友達に聞いてみようと思う‼︎

    それがあるのとないのとだと色々解釈変わるポイントな気がして映画見た後よりモヤモヤしてしまった(笑)。

  • 映画に興味があって読みました。読みやすかったし、映像は面白そう。結末はハッキリとさせないのが、この映画の特徴らしい。映画を観たら、また感想が変わるかも。

  • 同名の映画を観て、なんともモヤモヤした感じを抱えた帰り道、そのモヤモヤを明らかにしたくてその足で本屋へ行き、購入した作品。

    映画を観た直後だけに、二度目の鑑賞をしているかのような臨場感。そして、「あ~、あのシーンにはこんな意味があったのか・・・」という場面と、「あ~、その演技は見逃した!」という場面がそこかこに描かれていて頁をめくる手が止まらない。
    ま、映画としては役者の演技とカメラワークだけでここまでをわからせるのは難しいんだろうけど、小説がないと理解ができない映画ってどうよ。
    観てから読むか読んでから見るかと聞かれたら、観てから読み、読んでからまた観ることをお薦めする。

    随所で目の前に突きつけられる怖い事実に息もつけない。
    被告人のいない場所で決まっていく「弁護方針」。刑事、検事、弁護士それぞれが描く「絵」に沿って進められる裁判。意志とは関係のないところで選別される命。同じ法曹の船に乗る裁判官、検事、弁護士の阿吽の呼吸による「訴訟経済」の追求。。。

    果たしてそこに真実はあるのか。
    そもそも、彼らは真実を知りたいと望んでいるのか。
    罪と向き合うということを妨げているのは誰なのか。
    こちら側にいる人間も、自分のすることに向き合って生きているのか。。。
    色々なことを考え、正に頭の中が混とんとしたところで終わる物語。
    「三度目の殺人」の意味がわかった時の無力感がすべてだった。

  • ノベライズではなく映画をみた感想.

    殺人をとりまく司法,弁護士,被害者などなどの心の動きを描きながらも,「三度目」をみるものに問うようなお話.

    非常に映画的なストーリーでした.

  • 事実はひとつ真実はむげん

    裁判員制度が施行されて8年
    ウンよくクジで選ばれた私は
    なななんと
    この事件の裁判に参加している

    という気持ちで読み進めていた
    「三度目の殺人」

    集中力を頼りに6章までは一気に
    そして最終章の7章は
    読むのに
    とても時間がかかってしまった
    それまでの250頁と同じ時間
    それ以上

    心がとてもモタついてしまった
    終わりの一行に辿り着くまでが
    果てしのないものに思えた
    心情的に

    そこに
    このテーマの難解さを感じ
    “不気味さ”とか
    なんだろな
    “虚しさ”みたいなものを感じた
    人が人を裁くことに対しての

    世の中の事件が減るといいのに
    という読後感(漠然)

    ふと
    「三度目の殺人」とは
    三度目の正直に掛けた言葉だったり
    するのかなぁなんて思った(適当)

    とどのつまり
    被告人であるところの
    三隅高司は
    一体全体何をしたのか
    何がしたかったのか?

    「本当のこと」とは

    とは…とは…とは…(エコー)

    その謎が
    解けるかもしれないし
    解けないままかもしれない

    けれども
    その「本当のこと」とやらが
    どのように映し出されていくのかを
    自分の目で確かめるべく
    劇場に足を運ぼうと思う
    翻弄されてみようと思う

    映画のノベライズ本として
    読んでいたため
    重盛朋章は
    福山雅治さんで脳内再生されていたし
    三隅高司は役所広司さん
    咲江は広瀬すずさん
    完全に

    自分なりの「絵」に乗せながら
    イメージを描くことが出来
    楽しく読書した

    “真実とは
    本人が最も納得できる仮説に他ならない”

    追伸:

    クランクインの当日
    当時
    留萌に単身赴任中だった兄から
    ましゃ目撃情報のラインが届き
    そわそわしっぱなしの日々だった事を
    思い出す
    不意に珈琲飲みに訪れないかななんて
    ざわついていた

    あと
    役所広司さんの呼名「ヤク↑ショ↓」の
    イントネーション
    大変お勉強になりました

  • 映画の公開があったので手に取りました。
    真実を求めるために重盛が最後まで三隅と関わり合いますが、
    何度も供述が変わるのでそのたびに翻弄されていくので、
    読んでいても考え方ががらりと変わるので最後まで気が抜けません。
    真実を知るためには司法という壁を突き破るべきか。
    実際の裁判ではこのようなことがあるのは少ないかと思われますが、
    あるとしたら司法の難しさというのを感じました。

    人殺しは普通での人間ではないということ。
    それは生まれつき殺人の欲求を抱いてしまう人なのか、
    それとも環境によってそうなってしまう人なのか。
    世の中でもあまりにも残虐で動機が不可解な事件が起きると
    専門家が語っていることでさえも
    解明できないことがあるので現場に立ち会わせている人達から
    みるときっとこんな見解になるのかもしれないと思ってしまいました。

    次々と真相が明らかになっていきますが、
    その中で被害者と娘の関係はとても残酷で胸に詰まる思いがします。
    それが果たして三隅が善意でしたことなのか、
    それとも利用したことなのかが謎です。
    他の人達もここでは本当の事を語っていないので
    どれが本当のことなのか
    考え出したら切りがなくなりそうです。
    果たしてこの事件の真相は・・・と言いたいところですが、
    この判断はそれぞれに委ねられているのでもどかしかったです。

    情景や心情などが大雑把に描かれていているので
    脚本を読んでいるかのようでした。
    普通のミステリー小説と比べてしまうと物足りないと思うので、
    ノベライズ本と割り切って読めば違和感はないかと思います。

全9件中 1 - 9件を表示

三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)を本棚に登録しているひと

三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)はこんな本です

ツイートする