三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)

  • 192人登録
  • 3.22評価
    • (3)
    • (18)
    • (28)
    • (9)
    • (1)
  • 28レビュー
  • 宝島社 (2017年9月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800273475

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「本当は、なんで殺したと思ってるんですか?本当のことに興味はないかな、あなたはー。」

    二度の殺人を犯した三隅と衝撃の秘密を抱える被害者の娘咲江に翻弄される重盛。三度目の殺人とは誰が誰を殺すのか…
    この作品はスッキリした推理や検事と弁護士の激しい攻防を期待してはいけない。

    同じ殺しなのにお金目当てより怨恨の方が罪が軽くなるらしい。法律とは不思議なものである。
    そしてその法を利用し、被告人の有利になるようにシナリオ、法廷戦術を考える、それが弁護士の仕事なのだ。そこに真実がなくてもいい。怖い闇を見た気がした。

    重盛もそんな弁護士だったけど、三隅と出会い何かが変わる。真実を、三隅を知りたくなり、三隅の意思を尊重し、そして…。

    最後まで三隅に翻弄されラスト重盛は悶々とする。ノベライズでは映画よりも悶々とする。闇がさらに増えた感じ。救ったのか裁いたのか…本当の事は結局ノベライズでもわからない。
    わからないからこそ、人を裁くことの意味について深く考えさせられた作品だった。

    重盛が見た夢が興味深い。十字架と大の字。あの雪のシーン大好き。

  • 「本当のことを教えてくれよ」…『そして父になる』の是枝裕和監督作品、真実の小説化。弁護に「真実」は必要ない。そう信じ、勝利するための“法廷戦術”を追求してきた弁護士・重盛。しかし、ある事件の被疑者・三隅は、供述を二転三転させ、重盛を翻弄する。そして次第に明らかになる、三隅と被害者の娘の関係。本当に裁かれるべきは、だれか。心の底から「真実」を求め始める重盛の前に浮かび上がるものとは。

  • 映画の原作はよく読むけど、映画のノベライズってあんまり読んだことなくて、この映画にちょっと興味があったので買ってみました。

    う〜〜ん、なんかモヤモヤする。スッキリしない。
    帯には「会うたびに変わる供述、二転三転する動機」ってあるから、もっと役所さんが巧みな話術で重盛を翻弄するのかと思ってたけど、そうでもなくない?
    重盛と娘の関係も、必要あるんだかなんだか……。かかってきた電話にはどんな意味があったのさ。

    でも、改めて「犯罪は犯すもんじゃない」ということは伝わりました。裁判官、検察官、弁護士のなあなあな感じで自分の量刑決まっちゃったりするんだもの。真実なんて関係ないんだもんねえ。

  • 最終的に何が嘘で何が真実かはわからずじまい。
    裁判がこんなデキレースなのかと思ってしまうと、改めて「裁く」とは何か考えてしまう。

  • 真実よりも減刑のため、周りの人が描いた絵で進められていく。現実はそうなんですね。坦々と進められて、どうも物足りなかったな。書く人によってはずーんとくるものが書けるのでは。最初に映像があるっていう読み物は、こんなもんでしょうか。
    真実は明かされず闇の中だ。

  • うーん

  • 映画は見ていないが、タイトルが気になり読んでみた。殺人の前科がある男が再び殺人を起こし、その弁護に当たる弁護人の重盛。同じ弁護士事務所の弁護士の摂津、川島とともに、三隅の動機や、事件の真相などについて調べるのに北海道へ出向く。そこで真相を追ううちに、女子高生が事件に関する何かを知っているのではないかなど、二転三転するが、三隅へ死刑判決を下され、重盛は司法制度、果たしてこれで良かったのか真相は何かなど自責の念に駆られ、人を裁くとは何かなどが突きつけられた思いだろう。

  • 重厚感ある心理戦…を期待していたら、淡々と月日が流れて淡々と裁判。
    あんまり悲壮感もないし…弁護士の家庭環境とかたまり関係ない話も出て来てなんとかしてボリュームを出そうという感じが見えてしまった。

  • 真実は明らかにされませんでしたが、クライマックスの選択が誰にとっても良い選択だったのだと思います。

  • 映画を観て、もっと理解したいと思い読む。
    まぎれもなく三隅が社長を殺害したのであり(咲江説はなくなった)そして無期懲役になる犯罪をあえて三隅の希望に従って”死刑”にしたことが”三度め”の殺人なのだろう。
    でも、ここでなぜそこまで咲江をかばう?娘を不幸にしてしまった罪ほろぼし?でもじゃあ、なぜ北海道で取立てやのふたりを殺したのか?この時もなにか事情があったのか、
    役所広司が人徳者にみえるからついそんな風に思ってしまう。
    ほんとうの罪とは、誰を裁くのか、何を裁くのか、
    いろいろ考えさせられた。

全28件中 1 - 10件を表示

三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)を本棚に登録しているひと

三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)はこんな本です

ツイートする