三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)

  • 237人登録
  • 3.19評価
    • (3)
    • (22)
    • (42)
    • (11)
    • (1)
  • 39レビュー
  • 宝島社 (2017年9月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800273475

三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 映画の原作はよく読むけど、映画のノベライズってあんまり読んだことなくて、この映画にちょっと興味があったので買ってみました。

    う〜〜ん、なんかモヤモヤする。スッキリしない。
    帯には「会うたびに変わる供述、二転三転する動機」ってあるから、もっと役所さんが巧みな話術で重盛を翻弄するのかと思ってたけど、そうでもなくない?
    重盛と娘の関係も、必要あるんだかなんだか……。かかってきた電話にはどんな意味があったのさ。

    でも、改めて「犯罪は犯すもんじゃない」ということは伝わりました。裁判官、検察官、弁護士のなあなあな感じで自分の量刑決まっちゃったりするんだもの。真実なんて関係ないんだもんねえ。

  • 「ここではだれも本当のことを話さない」裁判ってなんなんだろう... 罪を裁くとはなんなんだろうって思いました。事件が起こるたび、じけんの謎を解く、暗闇に明らかにする...などと言われますが、この作品の三隅のような人だったら、明かせるんだろうか?弁護士の重盛と同じように読みながら「本当のことを教えてよ」と何度も思いました。映画も是非見てみたいな。

  • 真実よりも減刑のため、周りの人が描いた絵で進められていく。現実はそうなんですね。坦々と進められて、どうも物足りなかったな。書く人によってはずーんとくるものが書けるのでは。最初に映像があるっていう読み物は、こんなもんでしょうか。
    真実は明かされず闇の中だ。

  • ラストがもやっとはっきりしておらず、個人的にはこういう終わり方は好きではないのですが、答えの出ない問題提起として、そこまで含めてこの作品の魅力なのでしょうか…?
    弁護士という職業の日常を垣間見ることができ、改めてこの職業をされている方々への尊敬の気持ちを抱きました。

  • 映画は少し気になっており、書籍化されていたので読んでみる。
    殺人を犯した過去を持つ男が出所後、再度元雇い主を殺してしまう。主人公の弁護士達が、検察とやりあい軽罰を試みるが、被疑者の証言がどんどん変わり、翻弄されていく話。
    以前はこの終わり方だともやもやしていたが、本作はなにか効果的に心に届いた作品。人が人を裁くことはできるのか?を問う一作。やはり人は分かり合えない物だよなとも思う。

  • 真実の危うさ。物語の作られ方。鋭いなぁ。わからなさにとどまる不穏さ。。。

  • んー。映画のノベライズにしては臨場感がないな。終始静かなイメージ。真実が分かっても静か。何を伝えたかったのか。

  • 映画を観に行けないのでこちらで。キャストをイメージさせる書き方なので自然と頭の中に映像が流れる。役所さんが演じたらきっとこうだろうなぁという感じがした。
    内容は…深い。誰が三度目の殺人を犯したのか、モヤモヤとする。

  • This is not a suspense, but a documentary.

  • うーん

是枝裕和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする