君に恋をするなんて、ありえないはずだった そして、卒業 (宝島社文庫)

  • 106人登録
  • 4.23評価
    • (15)
    • (9)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 筏田かつら
  • 宝島社 (2017年7月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800274632

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

君に恋をするなんて、ありえないはずだった そして、卒業 (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 請求記号:913.6||I 31||[2]
    資料ID:C0038296

  • 昔から好きなのよね。この手の話も。

    みんなこのあと幸せになってくれ!とやきもきする登場人物達…

    魅力的なキャラクターですね。

  • 1巻目からもうきゅんきゅんが止まらなかった。

    2人がどうにかしてくっついて欲しいなぁと思ってたのになかなかくっつかなくて、結局卒業後の打ち上げでやっと2人の気持ちに気付いた2人。

    すれ違ったまま終わらなくてよかったなと思った。

    付き合ってからは、話もそんなに面白くないかなと思いながら読み進めていたけど、初々しい2人が可愛らしくて、付き合ってからのやりとりも描かれてて
    私的に満足な作品でした。

    こんなに読んでて楽しくてかわいくて面白い本久々に読んだ。

    文章が綺麗だとか、描写が好きだとかではないけど、この物語が大好き。

  • こういうお話大好きです。

  • 1巻目とまとめ買いしてよかったよ。別々に買うとイライラして後悔するよ、きっと。
    メインキャストの男子高校生は、どちらかと言うと、クラス内マウンティングでは下層の方だけど、実はオタクではないちょっと天然な感じ。女子高生は上位に位置するみたい。でも、実は全然嫌な子ではないのだけど、ちよっとした事から、上手く行きかけていた関係に亀裂が。
    果たして大学受験も終り、離れ離れになる2人の関係は!
    同級生にもいい奴がいてたのしそう。

  • ほとんど飯島のばかぁ!と思いながら読みました
    底辺男子じゃないよなー
    底辺はこんなにしゃべらないし部活も入らないか幽霊だろ
    『遠回りしたぶん…』一気に進みすぎ
    こんなもんなの?!

  • 恋愛小説として文句の付けようのない面白さ。男女双方の心の細かな動きがさの描写がたまらない上に、すれ違いのさせ方も絶妙。王道を楽しみたい方に。

  • いつしか過ぎ去った
    懐かしい日々。
    懸命にあがいた
    尊い日々。
    それでも歩き続けた
    熱い日々。

  • すごくおもしろかったです。
    お互い不器用でかわいくてやさしくて。
    こんな恋がしたいと思いました。

  • 中途半端で終わった前巻のモヤモヤがやっと解消。面白かったが定番のゴールにちょっと物足りなさを感じてしまった。不器用な恋の結末なのでもう少しヒネリがあると嬉しかった。
    あらすじ(背表紙より)
    普通に過ごしていれば、接点なんてなかったはずの飯島靖貴と北岡恵麻。徐々に仲良くなり、「好き」という気持ちも芽生え始めていたところで、恵麻が友達に放った陰口を靖貴は耳にしてしまう。すれ違ったまま迎えた一月、大学受験を控えた靖貴は「遠くの大学を受ける」という選択肢を考え始めて…。不器用すぎる二人の恋は、どう卒業を迎えるのか。二人のその後を描く「春休み編」も収録。

  • 「君に恋をするなんて、ありえないはずだった」の続編。
    全巻の終わりに、ちょっとした見栄から飯島のことを悪く言ってしまった北岡とそれを聞いてしまった飯島のすれ違いから時間だけがどんどん過ぎていきます。

    ほんの少しお互いが勇気をもって話すことができたら、
    高校生ゆえのもどかしさと言いたいところですが、
    いくつになってもこんなものかもしれませんね。

    それでも最後の最後に勇気を振り絞った飯島君。
    ちゃんと思いを伝えあった二人。
    これぞ青春ですね。

    王道と言えば王道の終わり方ですが、
    こういう話も私は好きです。

  • 遠回りしたぶん、たくさん増えたもの

全11件中 1 - 11件を表示

君に恋をするなんて、ありえないはずだった そして、卒業 (宝島社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

君に恋をするなんて、ありえないはずだった そして、卒業 (宝島社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

君に恋をするなんて、ありえないはずだった そして、卒業 (宝島社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

君に恋をするなんて、ありえないはずだった そして、卒業 (宝島社文庫)の作品紹介

普通に過ごしていれば、接点なんてなかったはずの飯島靖貴と北岡恵麻。徐々に仲良くなり、「好き」という気持ちも芽生え始めていたところで、恵麻が友達に放った陰口を靖貴は耳にしてしまう。すれ違ったまま迎えた一月、大学受験を控えた靖貴は「遠くの大学を受ける」という選択肢を考え始めて…。不器用すぎる二人の恋は、どう卒業を迎えるのか。二人のその後を描く「春休み編」も収録。

君に恋をするなんて、ありえないはずだった そして、卒業 (宝島社文庫)はこんな本です

ツイートする