小さいそれがいるところ 根室本線・狩勝の事件録 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 40人登録
  • 3.31評価
    • (2)
    • (3)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 綾見洋介
  • 宝島社 (2017年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800274939

小さいそれがいるところ 根室本線・狩勝の事件録 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 真犯人がなんとなく勘でわかってしまってつらい。まあ伏線の張り方が雑だとか色々要因はあるのだと思うけど、とにかく真犯人がわかると萎える。
    登場人物も皆子供っぽく、著者の幼児性が見事に反映されている。著者は人生経験に乏しく、かといって映画や小説で見聞を広めることもなく、生きてきたんだろうなーと感じさせる。
    蛇が怖いのはよかったけど、それハンターハンターで似たようなやつあったで?漫画の二番煎じになってしまうのはさすがにクソカッコ悪いんじゃないの?
    鉄道萌えの要素があったので辛うじて星2つ。
    しかし2人の登場人物の視点を交代させる必然性もなく
    ほんとにヘタクソだよな。

  • おおお、十勝の話だ(笑)
    マムシなんていないぞ~

  • 亡くなった母から託された願いを果たすために北海道を訪れた主人公が体験するひと夏の冒険。

    鉄道マニアの鉄道マニアによる鉄道マニアのための小説かと思えるくらいに鉄道に関するディープな知識が随所に織り込まれていて、前半はのんびりとした旅行記のような雰囲気だったが、『まりも号脱線事件』という史実と『狩勝の裏金』という都市伝説のような噂話、そして過去に起こった一家惨殺事件とが絡み合ってきた後半は、ミステリー色が強まったサスペンス的展開となって、一気読みした。

    物語の舞台がサブタイトルどおり根室本線の狩勝近辺ということもあって、道産子のとしては気になり手に取った本作。でも、考えてみたら根室本線には乗ったことがないかもしれない。

    また、タイトルの「小さきそれ」も、私の予想したものとは違っていた(笑)

    それにしても、巻末の解説を読んで、著者自身は全く鉄ちゃんではないという事実に驚いた!

  • なんと!
    このミステリーの舞台が、自分が暮らす最寄駅「羽帯駅(はおび)」なのです。

    もう来春には廃駅が決まっている無人駅。
    私自身、ここに13年間住んでいて、一度も使ったことがないという(汗)
    ここを舞台に描かれたミステリーで、
    「羽帯(ハオビ)」というのは、アイヌ語で「小さいそれがいるところ」という意味だそうで。

    なんとなんと!面白いのは、
    著者は一度も羽帯駅に来たことがないそうです。
    時刻表と、駅周辺のYouTube動画などをもとに想像をふくらませて書いたとか。
    すごい。

    プロットも面白く、描写もいいのですが、
    たぶん、実際にこの駅に降り立ってみたほうが立体的な空気感のある作品になったのでは?
    とも思います。
    ぜひ今度、廃駅の前に、この著者さんをご案内したいわ〜〜

    これはこの作家さんのデビュー作で、「このミステリーがすごい!」の隠し玉賞受賞作だそうです。

    あとがきの解説の言葉がとても良かったので、転載します。
    「さて、この東羽帯駅は、実は根室本線には存在しない(新得駅の隣の隣に羽帯駅は存在する)。東羽帯駅は実在しないが、しかしながら、『小さいそれがいるところ』は、たしかに実在する。
     そしてこれが実在することは、綾見洋介という作家が誕生したことを意味する。
     それが大事だし、それが嬉しい。」

    不在と実在。フィクションとノンフィクション。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

小さいそれがいるところ 根室本線・狩勝の事件録 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

小さいそれがいるところ 根室本線・狩勝の事件録 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

小さいそれがいるところ 根室本線・狩勝の事件録 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

小さいそれがいるところ 根室本線・狩勝の事件録 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小さいそれがいるところ 根室本線・狩勝の事件録 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

小さいそれがいるところ 根室本線・狩勝の事件録 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の作品紹介

大学生の白木は、病死した母の友人・ハルに会うため、北海道の東羽帯駅を訪れる。しかしそこは人の住む集落さえ消えた、1日の利用者が0人の秘境駅。ハルは30年前に起きた殺人事件を機に行方不明になっており、唯一彼を知る老婆までもが白木の前から失踪してしまう。東羽帯に隠されていると噂の裏金を探す鉄道マニアたちにも巻き込まれ、旅情豊かな、ひと夏の冒険サスペンス劇が始まる!

ツイートする