お父さんの日記

  • 46人登録
  • 3.70評価
    • (2)
    • (4)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 宝島社 (2017年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800276452

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

お父さんの日記の感想・レビュー・書評

  • 人気ブログの書籍化らしいが
    私には合わなかった。
    ブログで小出しで読んでれば面白いのかも。
    「かわい」じゃなくて「かあい」だったのかってのが
    唯一の収穫。
    【図書館・初読・10月26日読了】

  • 河相我聞の日記
    主に、自分とその息子達について

    ドラマとかでたまに見るなー、ぐらいしか知らなかったが、二十歳過ぎと中学生の息子達がいることやこれまでの人生について素直に驚いた。これからも頑張って欲しいと、思った。

  • 『未成年』のイメージが強く、その後何度かお子さんがいる報道などを拝見したかなという感じでしたが、こんなに頼もしいお父さまになっているとは。
    文章も読みやすく面白い。
    親として学ぶ部分もありました。
    自分を信じる力、切り拓く力、素晴らしいです。

  • 河相我聞ちゃんです。

    中卒のお父さんと息子2人の父子家庭のブログの書籍化。
    もう、何とも、ほっこりします〜。(/ _ ; )
    なんて愛らしい家族でしょう!面白いね〜。

    40過ぎても瑞々しいお父さん。息子の成長に喜びつつも悩みは尽きず。でも息子さんのお腹の中には「幸せ」がいっぱい入っているんだな〜。我聞ちゃんの作ったフライドポテトを私も食べたいです。バッチリアイドル時代を知っている44歳の私からしてみたら、荒れ狂っていた彼の中学生時代は驚きの連続。別の本も読んでみたくなりました。そして俳優としての腰の低さには人間としての徳の高さを感じます。

    勘違いと捉え違いの言葉遣いの配慮。
    文字で発信する時代にはこういう所が大切なのですね。
    勉強になりました。

  • 元々、ブログで書かれていたものを書籍化したものです。ブログはどういう事が書かれていたのか?これを読めば簡単に分かり、またその文才に驚きます。かと言って、マジメな話ばかりではなく、結構笑える話も多く夢中になれます。読んで感じた事は、確かにブログも人気が出るなと言う事。作り話でない事実な所も魅力的で惹かれます。

  • 俳優・かあいがもんさんのブログが書籍化。
    クスッときたり、なるほどと思わされたり、読みやすい文章。

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする