なぜ、地形と地理がわかると戦国時代がこんなに面白くなるのか (歴史新書)

  • 39人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 渡邊 大門 
  • 洋泉社 (2016年7月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800309853

なぜ、地形と地理がわかると戦国時代がこんなに面白くなるのか (歴史新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトル通り、地形・地理から戦国時代の事象を開設している。1テーマ2ページまたは4ページでまとめ、地図もついているのでたいへん分かり易い。

  • 20160403読了

  • おもしろい

  • 誤字や誤植が散見される。地図を見ながらの解説は少しなるほどと思わせるものがあるが、すでにそうだろうと広く知られているものも多い。戦国初期の勢力関係については、応仁の乱など複雑なのでもうちょっと分かりやすくしてもらえたらよかった。

全4件中 1 - 4件を表示

なぜ、地形と地理がわかると戦国時代がこんなに面白くなるのか (歴史新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜ、地形と地理がわかると戦国時代がこんなに面白くなるのか (歴史新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

なぜ、地形と地理がわかると戦国時代がこんなに面白くなるのか (歴史新書)の作品紹介

全50項目に地図がついてよくわかる!応仁の乱から大坂の陣まで…新しい歴史の楽しみ方。

なぜ、地形と地理がわかると戦国時代がこんなに面白くなるのか (歴史新書)はこんな本です

ツイートする