養生訓 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ)

  • 32人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 貝原益軒
制作 : 城島 明彦 
  • 致知出版社 (2015年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800910899

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊藤 真
三浦 しをん
稲盛 和夫
ダニエル・ゴール...
マイケル・ピルズ...
ジャレド・ダイア...
三谷 宏治
平野 啓一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

養生訓 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『養生訓』は日本初の健康本で、現代の予防医学から見ると間違っている部分もあるが、驚くことに概ね正しいことが書かれている。全8巻をまとめた内容ですが、ほとんどの巻で未病、鍼灸の東洋医学が関連しております。 当時の医療は東洋医学ですから当たり前なのですが。

  • ■書名

    書名:養生訓
    著者:貝原 益軒、城島 明彦

    ■概要

    『養生訓』は、江戸、明治、大正、昭和、平成という五つの時代を
    超えて三百年以上も読み継がれ、心身の“国民的健康書”として多く
    の人々の記憶の中に生き続けている。
    (From amazon)

    ■気になった点

    なし

  • 少欲知足。衛生(健康)は替えが効かない我が身を整えること。気づかないうちに我が身を傷つけることのないよう,知識を身につけ実践する。

全4件中 1 - 4件を表示

養生訓 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

養生訓 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

養生訓 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ)の作品紹介

『養生訓』は、江戸、明治、大正、昭和、平成という五つの時代を超えて三百年以上も読み継がれ、心身の"国民的健康書"として多くの人々の記憶の中に生き続けている。

養生訓 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ)はこんな本です

ツイートする