連邦区マドリード (フィクションの楽しみ)

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Juan Jes´us Armas Marcelo  大西 亮 
  • 水声社 (2014年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784801000384

連邦区マドリード (フィクションの楽しみ)の感想・レビュー・書評

  • ポラックの贋画家の私が、見聞したことを元に物語るという形式。映画を作る夢みるミストラル、ブローカーの大佐、男をどんどん代えていくエバ・ヒロンの日記。どこまでが妄想でどれが真実、意識的につく嘘か駆け引きか、事故か殺人かまで含めて最後まで本当のところは分からない。マドリッドの街を舞台に織りなす入り組んだ仕掛け、あまりに入り組みすぎて、話は面白いもののひじょうに分かりづらかった。翻訳が悪いのか!原文が読めないので仕方ないけど。

全1件中 1 - 1件を表示

連邦区マドリード (フィクションの楽しみ)に関連する談話室の質問

連邦区マドリード (フィクションの楽しみ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

連邦区マドリード (フィクションの楽しみ)を本棚に「積読」で登録しているひと

連邦区マドリード (フィクションの楽しみ)の作品紹介

妄想と現実が混ざりあった都市"マドリード"を背景に、嫉妬/偽装/計略/簒奪が織りなされる美しくも謎めいた物語。

連邦区マドリード (フィクションの楽しみ)はこんな本です

ツイートする