売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ

  • 92人登録
  • 3.33評価
    • (3)
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 高木瑞穂
  • 彩図社 (2017年8月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784801302488

売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2018_01_16-005

  • その昔、会社の慰安旅行で行こうかと冗談で言ったことのある渡鹿野島。新聞の書評に書かれているのを目にしたので読んでみた。三重県民として、故郷のことを知っておきたいとも思って。
    大衆週刊誌のネタではあるものの、下世話な話題だけでなく、なぜこの島が売春島となったのか歴史的背景の記述もあって、フーゾク情報としてではなく、風俗史としてしっかりと読める。
    「必要悪」ではあるものの、難しいよなと改めて思う。結局は中途半端な島になって寂れちゃうんだろうな。

  • まさに人身売買の内側に迫った本。こんな島があったとは知らなかったし、女性を「売り飛ばす」ということの本当の意味も知らなかったので、いろいろ勉強になった。ちょっと近づきがたい世界が存在しており、近年はそこに外国人の女性も送り込まれているという現実も興味深かった。廃れる前に行ってみたかった。

  • そんな島があることを知らかなった。栄えるときは、また別のことになるのだろう。

全5件中 1 - 5件を表示

高木瑞穂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
東山 彰良
恩田 陸
國重 惇史
都築 響一
塩田 武士
中村 文則
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポを本棚に「読みたい」で登録しているひと

売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする