舞踏会の夜に盗賊と甘いキスを (ラズベリーブックス)

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 松井 里弥 
  • 竹書房 (2015年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (419ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784801901407

舞踏会の夜に盗賊と甘いキスを (ラズベリーブックス)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

ジョアンナ・リンジーの作品一覧

ジョアンナ・リンジーの作品ランキング・新刊情報

舞踏会の夜に盗賊と甘いキスを (ラズベリーブックス)を本棚に登録しているひと

舞踏会の夜に盗賊と甘いキスを (ラズベリーブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

舞踏会の夜に盗賊と甘いキスを (ラズベリーブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

舞踏会の夜に盗賊と甘いキスを (ラズベリーブックス)の作品紹介

伯爵令嬢キンバリーは父から結婚をせっつかれていた。結婚願望はなかったが、父の強い要望でルーストン公爵邸に滞在して縁組を頼むことになってしまった。気乗りしないままやってきた公爵邸でキンバリーが逢ったのは、スコットランドの領主ラクラン。盗賊をしなければならないほど一族が困窮しているため、彼は裕福な花嫁を探すために公爵邸へやってきたのだ。これほどたくましくハンサムな男性に初めて逢ったキンバリーは、思わずぼうっと見とれて、うっかり鼻水までたらしてしまう。しかも着ていたのは流行遅れの冴えないドレス。その後、彼女は気恥ずかしさからラクランにつれなくするが、逆に彼の方はキンバリーが気になりはじめる。似合うドレスを着て驚くほど美しくなったし、彼女と話していると決して退屈しないからだ。そして、最悪の出逢いからはじまったふたりの関係は、舞踏会の夜に予期せぬ方向へ…。

舞踏会の夜に盗賊と甘いキスを (ラズベリーブックス)はこんな本です

舞踏会の夜に盗賊と甘いキスを (ラズベリーブックス)のKindle版

ツイートする