スピンアウト 上 (バンブーコミックス 麗人セレクション)

  • 80人登録
  • 3.78評価
    • (6)
    • (12)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 国枝彩香
  • 竹書房 (2015年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784801953901

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

スピンアウト 上 (バンブーコミックス 麗人セレクション)の感想・レビュー・書評

  • 痛い系のやつ。縛ったり殴ったり。
    鬱憤を晴らすことがSMというのかという疑問。
    上巻だと、それぞれの想いが見えないので、なんだかモヤモヤして終わっちゃう感じです。誰のための物語なのかとか考えちゃうんですよねー。

  • SMありでちょっと痛い。レビューを先に読んで覚悟したほどは痛くなかった。

  • 怖いもの見たさ?

    作者の別ネーム(過去の?)の好きだった作品を思い出し。

    全然違うのにね。

  • 早く下巻読みたい。

  • 社長秘書・巽×自称ネイリスト・三木。久々ダークな色が一色しかない国枝さんです。痛いです、怖いです… 感想は下巻です。

  • ▼あらすじ

    会社員の巽は社長子息の涼馬のお目付役として
    ストレスの多い日々を送っている。
    穏やかな表の顔の一方で、巽は美しく妖艶な男・三木との
    SMプレイを楽しんでいたが、謎の多い三木との逢瀬を
    重ねるうち、三木への執着を深めていく。
    そして、巽に執着する涼馬は、ホテルへ向かう巽を
    ストーカーし、三木との関係を知ってしまい!?

    ***

    SMはあまり好みではないのですが、攻めの見た目が
    割と好みだったで上下巻セットで購入しました。
    とりあえず上だけ読んだ感想としては…攻めが予想を
    遙に上回るレベルの最低サド男で軽く引きました(笑)

    内容も思ってた以上に痛々しい。
    こんなにも痛みしか伝わって来ない超ビターな
    BLコミックを読んだのは初めてかもしれません。

    作中に出て来た台詞を引用させてもらえば、
    愛情も思いやりもなくあるのは本能と衝動だけ。
    まさにこの言葉に尽きます。
    とにかくエロがあれば暴力ももれなく一緒に
    付いて来る為、当たり前ですが甘い展開は無し。
    カッターナイフを使ったプレイなど、思わず顔を
    顰めてしまうようなシーンのまぁ多いこと多いこと…。

    愛無し、暴力行為(流血も多々あり)のオンパレードなので
    駄目な人は絶対に駄目な作品だと思います。
    私もどちらかと言えばちょっと…いや、大分苦手な部類なんですが…
    それでも続きが気になるくらいには面白いと思ってます。
    攻めもプレイが終われば多少、思いやりを見せてくれるので
    完全には憎み切れないというか…うーん……。

    唯一の癒し要員だと思っていた涼馬も最後の方で何やら
    危うげな雰囲気を出し始めるし、皆どこかしら狂ってるんですね…。
    これは下の方は更に酷い展開になるんじゃないかなぁと
    怯えずにはいられません。どうなるんでしょうか……。

  • 大・大・大好きな国枝先生ヾ(≧▽≦)ノ
    私の中のBL御三家の中の1人。
    今回の作品は狂気サスペンスという名のBL。
    ドロドロの三角関係で昼ドラ展開!!(*0*;)☆
    感想は下巻で…。

全7件中 1 - 7件を表示

スピンアウト 上 (バンブーコミックス 麗人セレクション)に関連する談話室の質問

スピンアウト 上 (バンブーコミックス 麗人セレクション)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スピンアウト 上 (バンブーコミックス 麗人セレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スピンアウト 上 (バンブーコミックス 麗人セレクション)はこんなマンガです

スピンアウト 上 (バンブーコミックス 麗人セレクション)のKindle版

ツイートする