神さまと繋がる神社仏閣めぐり - 神仏がくれるさりげないサイン

  • 65人登録
  • 3.81評価
    • (3)
    • (10)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 桜井識子
  • ハート出版 (2016年2月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784802400138

神さまと繋がる神社仏閣めぐり - 神仏がくれるさりげないサインの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 同僚にすすめられ読了。
    登山をするので三峯神社編は楽しく読めた。
    書き方にクセを感じ慣れないが、数冊読めば慣れるかもしれない。

  •  平将門が怨霊として悪さをしていなかったという説は新鮮だった。

     読めば読むほど過去の出来事に興味がわく。本当の真実とはいったいどのようなことだったのだろうかあらゆる面で知りたいものだ。

  • 著者の性格は正直あまり好きではないが、どういう傾向の神さまがいて、どんなとこなのかをざっくり把握出来るのでガイドとしては楽しい。

  • 面白かった!関東の神社仏閣案内。
    この方の書く内容は、とっても納得できるんだよなぁ~。自分の神仏感にもしっくりくる。
    そして、この方、本を重ねるにつれて、だんだんパワーアップしているように思える。こんなにはっきりと神仏の声を聴いたり、コンタクトできるなら、神社行くのも楽しいだろうなぁと思ってしまった。
    ここで紹介されてた古峯神社や三峯神社の宿坊にも泊まってみたいなと思った。

  • 神社を巡ることが多いが、この本に書いてあるようなパワーに出会ったことはない。夕暮れになると背中がゾクッとする体験を味わうが、それは僕が怖がりだからに過ぎない。

  • ええー?6冊目!?とびっくりポンだが、読めば面白く。
    ただ、ご自身でもほんと懲りない…と自虐されているところでもあるが、何というか情報の整理&伝達の散漫さ?というのか、いったいどこの何の説明かわからなくなってくることが後半つづいた。ちゃんと神社名の小見出しがついているのに、えーと?これってどこの神社の何の話だっけ?っていう気分になるのだ。(^^;)
    …とはいえ、極めて正直に書こうとされてる一生懸命さは信頼できるもんだから、読んじゃうし、共感するし、参考になるし、読み終わると無性に神社へ行きたくなるんだけど、6冊目ともなると、この繰り返す“何か”に何ともすっきりしない気分が残るんだよなぁ…。何なのかな?

全9件中 1 - 9件を表示

桜井識子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
雲 黒斎
恩田 陸
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

神さまと繋がる神社仏閣めぐり - 神仏がくれるさりげないサインはこんな本です

神さまと繋がる神社仏閣めぐり - 神仏がくれるさりげないサインを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

神さまと繋がる神社仏閣めぐり - 神仏がくれるさりげないサインを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神さまと繋がる神社仏閣めぐり - 神仏がくれるさりげないサインを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする