Graphic Recorder ―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書

  • 141人登録
  • 3.68評価
    • (3)
    • (11)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 清水淳子
  • ビー・エヌ・エヌ新社 (2017年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784802510288

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
佐々木 圭一
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

Graphic Recorder ―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書の感想・レビュー・書評

  • 「なるほど」とは思うが、イマイチ心に響かなかった。
    グラフィックが綺麗すぎて、共感性が低かったかもしれない。

  • 筆者の「グラフィック・レコーディング」への愛情がひしひしを伝わってくる。この一冊で一通りのことは網羅されているというバイブル的な本である。また、ワークショップ参加者のビフォー・アフターもあり、自分も描けるのではないか!という期待も持てるのでやる気が出るだろう。

    つぶさに読んでいくと、見た目を重視しつつ「議論の可視化」をする上で優先すべきこと、捨てても良いことについての価値観も垣間見える。そういう意味で実践者による実践者のための本でもある。

  • あとは実践あるのみ!絵の上手い下手ではなく、場にあった書き方のストラテジーを瞬時に持ってきて使えるかどうか。

  • ・後半ページからのグラレコの具体的な進め方の説明はわかりやすかった。
    ・描かれたひとのdo/say/emotionも描いていく
    ・「事実」と「感情」を描く
    ・事実…黒
    課題…赤
    解決策/理想…青
    など色分けすると書きやすい
    ・赤シール…いいね/賛成
    青シール…もっと深めて話したい
    黒シール…よく理解出来なかったので、詳しく教えてほしい
    など。

  • グラレコ(Graphic Recording) をカンファレンス等で見る機会が多くなり、どう作られているのかに興味があり読みました。

    グラレコの書き方、会議や現場での活用方法から、本質的な目的が書かれています。著者の事例やWSの記録(プロとの差も感じ)もあり読みやすい。

    グラレコの主旨はビジュアルで人目を集めることだと思っていましたが、議論の"齟齬"を減らすことだということが一冊を通じてよく理解できました。

    ※絵心がない自分としてはアイコンやイラストの書き方も参考になります

  • 文章は飛ばし飛ばしで読んだ。イラスト、グラフィックの事例がたくさん載っていて、言葉→グラフィックへの描き方もたくさん紹介されていたので、こんな風に描いたらわかりやすいな、という良いイメージが持てた。あとは練習。

  • これから二回目を読み始めます。グラフィックレコーディング、使ってみたいと思います。

  • ほぼ日で紹介されたのを見て読んでみた。

    初心者向けの書き方の他、書き方もイラストを使わないといけないと思っていたが、テキスト中心でもいいと聞いてちょっと安心した。

    ただ抽象度の高い話や諺などはイラストの方がいいと書かれていた。

    著者は美術系の大学で学んだので、イラストを描く事は身近かもしれないが、そもそもそのような素養のない私が、今までのノートとは違う取り方を開始するには、かなり覚悟が必要だと思った。
    しかし紹介されているサンプルやワークショップ参加者が書いたものを見るとやはり魅力的に感じる。

  • グラフィックの練習だけじゃなくて、議事録をとるコツ、会議の進行にどうグラフィックレコーディングが寄り添うか、どんな問いかけをするか(そうか!って思う。)、レコーディングの実例と解説などなど、こういうことが知りたかった!!が満載で、素晴らしい、素晴らしい本です!!

  • 自分のPodcastとかで実験してみよう。

全14件中 1 - 14件を表示

Graphic Recorder ―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Graphic Recorder ―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書を本棚に「積読」で登録しているひと

Graphic Recorder ―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書の作品紹介

「グラフィックレコーディング」とは、会議やミーティング、あるいはワークショップやカンファレンスなど、
さまざまな立場の人たちが集まる場所で行われる議論をグラフィックで可視化することで、
より良い対話をもたらし、課題解決に導く手法です。
本書は、この分野の第一人者 清水淳子さんを著者に迎え、
これからグラフィックレコーディングを始めたいと思っている方や、自社の会議に課題意識を持っている方にとって、
最適な入門書となることを目指しています。
グラフィックを利用して参加者の目線を揃え、発言を促進し、課題発見〜アイデア創出に導くグラフィックレコーディングについての日本初の書籍です。

Graphic Recorder ―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書のKindle版

ツイートする