ストーリーマッピングをはじめよう

  • 71人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 高崎拓哉 
  • ビー・エヌ・エヌ新社 (2016年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784802510417

ストーリーマッピングをはじめようの感想・レビュー・書評

  • プロダクトにストーリーを与える。
    ひとはストーリーをこそ理解するからだ。

    ストーリーは、ある状況下で、はじまって、盛り上がって、クライマックスを迎え、オチを得て、終わる。クライマックスをピークに大きな弓なりのかたちをしている。ストーリーアークと著者は呼ぶ。

    状況説明
    事件や物語の発生
    盛り上げる行動
    危機
    クライマックスと解決
    落とし込み
    エンディング

    この7段階のステップからなるストーリーは入れ子の構造をなしている。
    全体をなす、コンセプトのストーリー。
    ひとつひとつの経験がおこる場面ごとのストーリー(ユーセージストーリー)。
    人をプロダクトの中に入ってもらうために特に重要な、きっかけのストーリー(オリジン ストーリー)。

    ストーリーはひとつの文で簡潔に示されねばならない。その文は、以下のようなかたちをとる。

    【ニーズ】を持つ【ターゲットユーザー】を対象とした【プロダクト名】は【市場の分類】のプロダクトで、【重要な価値】がある。その中で、【競合】とは異なり、このプロダクトには【他にない差別化要因】がある。

    ストーリーは、9コマのストーリーボードに書き下すことができる。2コマ目が事件の発生、7コマ目がクライマックスである。


    序破急とか起承転結とか言われるストーリーの型を、プロダクト開発に寄せて丁寧に説明したもの。サンプルがやたらiPhoneばかりなので、そこはちょっと物足らないかな。

  • ストーリーテリングについて学びたく本書を取ったが、問題解決の枠組みの紹介本であり、大学生のサークルや新社会人向けの本であろう。口語体が逆に読みにくく、不必要な文字を増やしている印象。残念だった。

  • 表現の技術(高橋たくま)と同じような話が第1章の最初に書いてあってどきっとした。システムも映画のような「ドカン」が必要?

  • ようは「WHY大切」「ユーザーのストーリーを語ろう」のアプローチだが、具体的なメソッドやガイドが示されているわけではないし、プロダクト開発での有用性を踏み込んで分析・解説しているわけでもない。誰が読むと適切なのだろう。
    最後に、覚えたら何にでも応用して武器にしてしまあ過ちを説いているのだ好感。

全5件中 1 - 5件を表示

ストーリーマッピングをはじめようを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ストーリーマッピングをはじめようを本棚に「積読」で登録しているひと

ストーリーマッピングをはじめようはこんな本です

ストーリーマッピングをはじめようのKindle版

ツイートする