99のなみだ―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)

  • 637人登録
  • 3.37評価
    • (29)
    • (63)
    • (113)
    • (24)
    • (5)
  • 73レビュー
制作 : リンダブックス編集部 
  • 泰文堂 (2008年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784803001266

99のなみだ―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 感動的な数々のショートストーリーが詰まっています。どの話の主人公も恋に悩んだりして、でも必ず自分なりの答えを見つけ出して現実を向き合っている主人公に強さを感じます。地震が起き実家で復旧作業をしているときに合間を縫って読んでいました。家族を守らなければならない自分にとって、彼らの生き様は大きな励みとなりました。

  • ものすごく泣けた本
    「屋上から」が自分的には好き

  • いろんな人のいろんな日常。
    少し心が優しくなる。
    誰かの心を知るということが、やっぱり一番大切なんだなあ。

    最後の「恋しくて」が一番良かった。
    約束を果たせそうにないという一文を読んだ時に目線がフリーズしてしまった。
    たまにこういう本を読んで、ふと優しくなるのもいいんじゃないだろうか。

  • ちょっと感動したい時に読むと良い。前日に読んだ本も短篇集だったが、個人的に短編だと感動も少ない気がする。
    とはいっても、収録中最も感動したのは「会いたくて」でした。これは、ちょっときました。

  • 悲しみの涙、希望の涙といろんな場面の涙を短編集にした 本でした
    胸にぐっとくる内容や明日を目指す内容もありで
    涙にもそれぞれだと感じました
    たまには涙を流しながら読む本もいいと思います

  • 泣き過ぎで、旦那から禁止令発令。
    途中までしか読めませんでした。
    心を動かす力はすごいとおもいます。あまり覚えてないけど…

  • 泣きたい人のための本。

    泣きました。

    親子愛やばい。

  • あまり泣けませんでした。

  • やっぱり電車の中で読むのは危険。
    でも後半あまり心を動かされなかった。残念。
    ーーー
    幼くして逝った息子の病室を掃除する母親。息子が七夕の短冊に書いた願いとは…。母親の悲しみを描いた「七夕の雨」・自殺しようと学校の屋上に登った紗矢は、突然、知らない少女に声をかけられる。暖かな希望に包まれる「屋上から」・深夜になっても帰らない痴呆症の祖父。優子は祖父の部屋にしまってあった子どもの頃の絵を見つけ…。家族の愛情を描いた「お帰りなさい」ほか。

  • 家族や恋の話。よくある話だけどウルウルきちゃいました。

全73件中 1 - 10件を表示

99のなみだ―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)に関連する談話室の質問

99のなみだ―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

99のなみだ―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

99のなみだ―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする