99のなみだ 雨―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)

  • 298人登録
  • 3.45評価
    • (19)
    • (25)
    • (57)
    • (5)
    • (4)
  • 24レビュー
  • 泰文堂 (2008年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784803001396

99のなみだ 雨―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 季節は寒い冬ですが、この本で心が温まりました。

    と寒いレビューを書いてしまいました。

  • う~ん、やはり特に良くも悪くもないな。
    しかし今作、一篇だけじ~んときたのがあったよ。「親愛なる彼女へ」。幼なじみの小さくて可愛い女の子を守り通した、背の高く気の強い主人公。声が出なくなった時、「私が声になるよ」って言ったところとか、グッときた。やはり女同士の友情はいいね!

  • 感動の短編集。

    父や母や、友人や子供。
    大事な人の事を思い、その人のために何ができるか。
    そこにあるのは純粋に、相手を思う事。
    じんわりと優しい気持ちにはさせてくれますが
    優しければ優しいだけ、悲しい気持ちにもなります。

  • 今回は印象に残らない話が多かったな。基本病気ネタとかばっかりで飽きてきたってのもあるかも。子どもの虐待系ももういらないです。「弟が嫌いだ」が1番マシだったかな。

  • 電車では読まないことをお勧めします。
    親の愛情を感じることができ、涙
    が止まらない。

  • 「99のなみだ」の続本です
    内容は「99のなみだ」と同じで涙を誘う本です
    「99のなみだ」と半端なのは読んだ自分の涙を加えて
    始めて100の涙になるのだろう・・・か

  • ほろっとさせる12編の短編集。泣かせるための本・・ってことで、「負けないぞ!」って気持ちで読み始めたが、あっさり完敗(^^;)電車で読んで、号泣しかけてヤバかったです。

  •  
    1番目の「臨時ダイヤ」は
    電車で読んでうるっときた (;_;)
    ほんとに切ない‥。

    他のお話も、感動的ですてきだけど
    ちょっと中身が軽かった 。


    まぁ全体的には読みやすくてよかった !
     

  • 2010/06/22読了
    これはすごい良作揃いだった。
    全部心にじわーんと染み入るのってそうそうないよね。
    こういうの好きです。

  • あまり深く考えずに、さらりと読めて、ちょっと感動できる。
    なんとなく気分が沈んでる…みたいな時に読めば、
    あまり重くなりすぎずに、ほろりと涙を流して優しく癒されそう。
    ただ、逆に言えば、話としては薄っぺらいのに「泣かせよう」とする
    エピソードばかりなので、それを苦痛に感じる人もいると思う。

全24件中 1 - 10件を表示

99のなみだ 雨―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

99のなみだ 雨―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

99のなみだ 雨―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

99のなみだ 雨―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)はこんな本です

ツイートする