99のなみだ・月―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)

  • 135人登録
  • 3.53評価
    • (5)
    • (12)
    • (13)
    • (4)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : リンダブックス編集部 
  • 泰文堂 (2009年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784803001822

99のなみだ・月―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  気軽に読める「泣ける短編集」とのことだが、涙腺のマッサージにはならなかった。
     実話なら泣けることでもフィクションでは泣けなかったりする。 フィクションとなると涙腺のハードルは上がるものなのだ。

     そもそも「簡単に泣くこと」が目的の読み物があるってのもおもしろい話だが、確かに泣くことはリフレッシュするひとつの方法でもある。
     しかし、10分マッサージみたいな方法で泣くことが本当に心にとって健康的なんだろうか・・・。 よくわからん。

  • 悪くはない。どれもありきたりな話ではあるけど。

  • 「板垣さんのやせがまん」 ほっこりと泣ける。

    「僕とりんごとおばあちゃん」 小さくてツレゴの意味も分からない僕の懸命な姿に胸が痛くった。

  • このシリーズは優しくなれるからすき。

  • 涙を刺激するツボはあんまり差がないというが、その分、へたに小手先の文章構成にしようとすると陳腐になるな。

全5件中 1 - 5件を表示

99のなみだ・月―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)はこんな本です

99のなみだ・月―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

99のなみだ・月―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

99のなみだ・月―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする