99のなみだ・旅―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)

  • 60人登録
  • 3.08評価
    • (0)
    • (5)
    • (5)
    • (2)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : リンダブックス編集部 
  • 泰文堂 (2011年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784803002973

99のなみだ・旅―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ★あらすじ★
    沙希は宣告された余命を生きるため「死ぬまでにしたいこと」をリストにしてノートを書き綴った。家族と行きたい旅行、娘に教えておきたいレシピ…。最後の一行を叶えたとき、沙希の胸に去来した想いとは。人生を生き抜く姿がまぶしい「エンディングノート」。脱走兵の汚名を背負ったまま、戦争から帰らなかった父の骨が沖縄で発見された。遥かな時を経て届いた父の本当の想いが胸を打つ「父の骨」。聴覚障害を持つ息子の一人旅を心配する母親を描いた「二日間のグレート・ジャーニー」ほか。優しい涙が心にしみる12篇の短編小説集。

  • 旅行に行く際立ち寄った空港の本屋で平積みされていて、購入。
    「旅」とタイトルにつくけれど、内容はあまり関係ない。

    どのお話しも、胸にぐっとくるものがある。
    「夢の理由」が読んでいてつらかった。
    もしも自分だったら、どうするだろうか。

    いつか家族をもったときに、もう一度読みたい作品。

  • .

全3件中 1 - 3件を表示

99のなみだ・旅―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)を本棚に登録しているひと

99のなみだ・旅―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

99のなみだ・旅―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

99のなみだ・旅―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)はこんな本です

ツイートする