探し物は恋なんです (リンダブックス)

  • 270人登録
  • 3.53評価
    • (13)
    • (33)
    • (39)
    • (6)
    • (2)
  • 41レビュー
著者 : 白石まみ
  • 泰文堂 (2012年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784803003321

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

探し物は恋なんです (リンダブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あっという間に読んでしまった。
    共感するところもあれば、ハッとさせられるセリフもあって、一度読んで損はないと思います。

  •  成長って若者専売特許じゃない。恋が上手くいかないOLたちが、ちょっとした出会いをきっかけにして変わっていく。

  • どこにでもいそうな普通の女性たち。
    仕事も頑張って、おしゃれも楽しんで、だけど足りない。
    恋がしたいのにうまくいかない。
    私たちの恋はどこにあるの?


    6人の女性を主人公にしたそれぞれのストーリー。

    6人は友人だったり同じ会社だったり、何かしらでつながっていて。
    主人公であり脇役でもあり。
    その設定が登場人物に愛着をわかせますね。

    みんな等身大というか、本当にどこにでもいそうな感じ。

    誰かしらに共感できるんじゃないでしょうか。

  • 通勤電車で読むのにタイトルが少し恥ずかしいからブックカバーをつける…笑

    直美、陽子、聡子etc..「わかるー」と思わず声に出したくなるほど共感できるそれぞれの物語。

    ただ普通に恋をして、結婚して、家庭を作りたいだけなのに、
    なんで上手くいかないんだろう。
    難しく考えているわけでも、高望みしているわけでもない。
    この男女のアンバランスはいつから始まったんだろう。

    他人だらけの女性専用車両でしたが、周りの女性に何故か仲間意識を覚えてしまいました。笑

  • アラサー独身女子向け?
    タイプはあれど、それぞれ働く女性たちの悩みと生き方の模索を描く連作集。ありがちだけど、共感はできる。

    探してるのは恋だけど、結局自分を満足させられるのは恋ではなくて、その「何か」をそれぞれが見つけていく。女子はタイヘンなのだ。

  • 彼氏いない暦=年齢のOL、直美29歳。仕事も家庭も手に入れたいと願う、陽子30歳。お嫁さんになりたい歴女、麻衣子27歳。自分とお金しか信じない女、聡子33歳。女子会好きの現代っ子、愛22歳。仕事に疲れてしまった、千草37歳。超恋愛氷河期を生きる女性たちの声が連作短編に!恋や人生を探しているあなたへ、元気がでる6つのストーリー。

  • 恋ってどうやってするんだっけ?どうすれば恋が出来るのか、そもそも恋は必要なのか、今の世の中の雰囲気が合わない人、きっと、みんな迷っているのだと思う。

  • 表紙がかわいい。
    恋っていいな…って恋愛小説かと思ったら、恋以外にも楽しいことってあるよねみたいな話だったから驚いた。そして結ばれたカップルが少ない!
    好きな理由をいくつも並べるうちは、好きじゃないんじゃないかな…っていうのは考えさせられた。

  • 2.30代の女性の仕事と恋愛。
    カバーのそでイラスト面白い(笑)。タイトルの通り、ただ「結婚したい」んじゃなくて「恋愛過程を楽しんで結婚したい」なんだろうな。
    爽やかな終わり方。ご都合展開の彼氏ができた!めでたしめでたしーみたいな終わり方じゃなかったのが良かった。

  • 男だけど仕事を始めた女性陣はこんなこと考えているのかなって思う そんなリアル感 少し頑張ろうと思える作品

全41件中 1 - 10件を表示

探し物は恋なんです (リンダブックス)に関連する談話室の質問

探し物は恋なんです (リンダブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

探し物は恋なんです (リンダブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

探し物は恋なんです (リンダブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

探し物は恋なんです (リンダブックス)はこんな本です

ツイートする