愛してるって言えばよかった (リンダブックス)

  • 19人登録
  • 4.38評価
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : リンダブックス編集部 
  • 泰文堂 (2012年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784803003710

愛してるって言えばよかった (リンダブックス)の感想・レビュー・書評

  • 灰になり骨になりが特に最高である。

    ほんとうの愛とは何だろう・・・
    無償の愛がここにはある

    親子の愛ではない、男と女の無償の愛である。

  • 大事な人がいなくなってしまったら。
    そう思ったらとても悲しくなり、同時にいまいる大切なひとをいて当たり前と思わず大切にしなきゃと思いました。

  • いつも当たり前の様に側にいる相手が、いなくなるかもしれない、いなくなってしまった…

    そうなった時に、どれだけ相手が必要で大切な人だったのか…
    いつもは恥ずかしくて言えない、「愛してる」。
    それはとても大事な一言。

    たまには聞きたくなりました。

  • 結構病気、死が背景にあるので、お涙ちょうだいになるのは
    わかっていた。
    それでも、心に沁みる話ばかり。
    灰になり骨になる、がいい。
    生きている内に、伝えて欲しかったね。
    もっと自信を持って彼が生きられたのに。
    でも、そうやって伝えられないのが人間なのかな。

全4件中 1 - 4件を表示

愛してるって言えばよかった (リンダブックス)はこんな本です

ツイートする