テイクファイブ〈1〉名画と愛と大泥棒 (リンダブックス)

  • 48人登録
  • 3.07評価
    • (0)
    • (6)
    • (6)
    • (1)
    • (2)
  • 3レビュー
著者 : 山本俊輔
  • 泰文堂 (2013年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784803004618

テイクファイブ〈1〉名画と愛と大泥棒 (リンダブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おもろい。続きが見当たらない。

  • 20130818

  • テレビ脚本が先。テレビ見ながらだとおもしろい。続き、早くしりたい。

全3件中 1 - 3件を表示

テイクファイブ〈1〉名画と愛と大泥棒 (リンダブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

テイクファイブ〈1〉名画と愛と大泥棒 (リンダブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

テイクファイブ〈1〉名画と愛と大泥棒 (リンダブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

テイクファイブ〈1〉名画と愛と大泥棒 (リンダブックス)の作品紹介

帆村正義は心理学の教鞭をとる大学教授だ。そんな彼が20年前、史上最強の大泥棒チーム『TAKE FIVE』のメンバーだったことを知る者はいない。しかし、ダ・ヴィンチの名画『ルクレツィアの肖像』の写真をきっかけに、帆村はふたたび『TAKE FIVE』を復活させる。彼の下には警察官や警備会社の男たちが集まってくる。次々に悪いヤツらから大金を奪う『TAKE FIVE』と彼らを執拗に追う女刑事・笹原瑠衣。彼女もまた、20年前の因縁を引きずっていた。かつて『TAKE FIVE』が解散した本当の理由とは?名画『ルクレツィアの肖像』に秘められた謎とは?ミステリアスでスリリングな極上ミステリーの登場。

テイクファイブ〈1〉名画と愛と大泥棒 (リンダブックス)はこんな本です

ツイートする