資本主義対資本主義

  • 107人登録
  • 3.43評価
    • (2)
    • (5)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
制作 : 久水 宏之  Michel Albert  小池 はるひ 
  • 竹内書店新社 (2011年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784803503579

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
瀬地山 澪子
シーナ・アイエン...
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

資本主義対資本主義の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20年前の本ともなると、そこに書かれている「日本」は、別の国のようだ。
    ライン型経済、自分だけの幸せではなく皆の幸せを目指す牧歌的な資本主義はもはや無く、自己責任という言葉に代表される他人を餌にするアメリカ型の経済がどんどん侵入してきている。
    この傾向の萌芽がすでに記述されていたり、韓国の追い抜きが示唆されているのは興味深い。

  • くっだらねー本だ。
    図書館で予約して借りたんだけど、直ちに返した。
    こういうとき、図書館って良いなーって思う。
    もし、こんな、くだらない本、¥2730も出して買ってたら、ショックで立ち直れないところだった。

  • 非合理的、不条理でも、流行、情熱、人真似への熱狂に経済は大きな影響を受ける。

  • 本は10冊・・・に紹介あり

  • よんでよかった!2012年最初の読了本です。

全5件中 1 - 5件を表示

資本主義対資本主義を本棚に「読みたい」で登録しているひと

資本主義対資本主義を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

資本主義対資本主義を本棚に「積読」で登録しているひと

資本主義対資本主義の作品紹介

21世紀の資本主義は、アメリカ・英国の「ネオアメリカ型資本主義」と、日本を含めたドイツ・スイスの「ライン型資本主義」間の相剋である。著者の鋭い目はそれらのタイプの揺れ動きを見逃さず、それぞれの国を裸にして徹底的に分析する。日本も例外ではない。このユニークな洞察は今なお世界に大きなインパクトを与えている。

資本主義対資本主義はこんな本です

資本主義対資本主義の単行本

ツイートする