出家とはなにか

  • 26人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 佐々木閑
  • 大蔵出版 (1999年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784804305424

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
佐々木 閑
鵜飼 秀徳
有効な右矢印 無効な右矢印

出家とはなにかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • HUMICでの請求記号「185.7/Sa 75」

  • 「(出家は)他人との一切の関係を拒否する世捨て人と本質的に異なる」「俗世間の価値観を拒否した人達が独自のグループを作り、しかもなお俗世間と密接な関係を保ちながら併存していく」

  • 教団の維持として、乞食という手段を選択し、それゆえに社会とのかかわりを常に考えなければいけなかった。
    ただ社会の要求と教団の理念が衝突したときにどうするのか?それに対する答えを仏教は持っているのだろうか。
    些末な形式主義に陥っていないだろうか。

    界の概念と、それに対する抜け道工作が面白い。
    戒壇の意味が初めてわかった。

全3件中 1 - 3件を表示

佐々木閑の作品一覧

佐々木閑の作品ランキング・新刊情報

出家とはなにかはこんな本です

ツイートする