〈お金〉引き寄せの公式 こうして宇宙銀行から「幸せなお金」がやってくる

  • 30人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 山富浩司
  • 大和出版 (2016年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784804705125

〈お金〉引き寄せの公式 こうして宇宙銀行から「幸せなお金」がやってくるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・引き寄せの公式は、方法より「心のあり方」。なにをしているかという方法よりも、それをしている時の「感情=あり方」が勝る。

    ・強く願うと夢は叶わない。強く願う状態は、心の中が「できなかったらどうしよう」という不安に溢れている状態だから。引き寄せの正体と求心力は感情。今もっている感情が一定量を超えたとき、同じ感情を伴う現象を引き寄せる、これが引き寄せの仕組み。

    ・すべて出て行くのが先、入ってくるのは後。お金がないときから、人が見ていないときこそ徳の積みどころ。お金持ちになったら寄付する、という人はお金持ちになっても寄付をしない。下積み時代からお金の一部を寄付している人だけがお金持ちになる。

    ・「よくない気分」を持ちながら「いい気分」は同時に得られない。「よくない気分」を手放す手法を身につけておくことがさらに大切。プライベート感情を「いい気分」にできるだけフォーカスすることはとても大切。

    ・「やり方」より「あり方」が幸せなお金を増やす、未来を創る。

    ・お金を払うのは嫌だ というマイナスの思い込みは考え方を少し変えることで解決する。お金を支払うときに「出て行く」のではなく「入ってきた」と思うようにする。出費だー ではなく、うわー入ってきたー と思いっきり喜ぶようにする。スタバの400円コーヒーはコンビニより300円高いが、最高のコーヒー、ゆったり流れる時間、くつろげる空間、プチ贅沢気分etc たくさんのものを「得て」いる。コンビニとの差額300円で「入ってくふ」ことを喜んで出すことにより、「私には幸せなお金が十分に流れてくる」と刻み込む。引き寄せは、頭でどう思うかではなく、潜在意識と言われる無意識の部分でどう思い感じているかがすべて。引き寄せの公式は金額の大小に差はない。お金を払うときに「入ってきたー」と考え方を変えること。この方法はとても強力。愛を送ったものには、それが形となって返ってくる。モノやお金も同じ。

  • 分かりやすかった。
    内容も良かった。

  • 宇宙銀行から幸せなお金を引き出すための具体的な方法が述べられている。
    自分だけではなく、周囲、他者の笑顔を目指す和の引き寄せの公式は、精神論としても素晴らしいし、お金や成功、健康に関する否定的な思い込みを外す方法としてミラクルタッピングやアファメーションのやり方が示されており、信じる者は救われそうだ。
    財布の中の諭吉さんが実際に増えるといったトンデモ情報もあるが、そうした奇跡も否定せず、期待せずがよいのかもしれない。
    16-155

  • タッピング癖になりました。

  • まずはミラクルタッピング、やってみます。
    あと良い引き寄せを生むためには、カフェでダラダラ長居しない、ということもドキッとしました。

全5件中 1 - 5件を表示

〈お金〉引き寄せの公式 こうして宇宙銀行から「幸せなお金」がやってくるを本棚に登録しているひと

〈お金〉引き寄せの公式 こうして宇宙銀行から「幸せなお金」がやってくるを本棚に「積読」で登録しているひと

〈お金〉引き寄せの公式 こうして宇宙銀行から「幸せなお金」がやってくるのKindle版

ツイートする