仕事が変わる「5つの脳グセ」 できる人がやっている上手な脳の活用法

  • 21人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 篠原菊紀
  • 大和出版 (2011年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784804717715

仕事が変わる「5つの脳グセ」 できる人がやっている上手な脳の活用法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 脳のしくみ/癖を理解し、脳とうまく付き合う事で、仕事に役立つ能力を向上させよう!という脳科学本。

    今までは自分の体の一部として捉えていた脳を、「隣人」のようにとらえた視点が非常にユニーク。

    ポイントは以下の3点。

    1.脳はそんなに集中出来ない
    (15分区切りで軽い気分転換を行うと集中が持続しやすい)

    2.ボーっとしていても、脳は活動している。
    (急に閃くのは、この特性の御蔭だそうです)

    3.脳はホメ言葉で活性される。
    (自分で自分を誉めても効果的だそうな)

  • 脳は①エピソードが好き(エピソード記憶)、②真似が好き(ミラーニューロン)、③褒め言葉に弱い、④忘れっぽい。
    「外在化」自分を外に置いて、客観視をし易くする。(気持ち良さをイメージする)
    ドーパミン→快・不快、新しい刺激を求める(ヤル気)。
    →「新奇探索傾向」→「◯◯と××は同じ」(共通性を見つけ出す)
    セロトニン→安定・癒し・安定感
    →「損害回避傾向」→「なんか違う」(観察力・分析力)
    ノルアドレナリン→人や物への依存が強い気質。
    →「報酬依存性」→「◯◯のために!」(世のため、人のため)
    見つめる=集中 (PCの四隅をみる運動など)
    15分ごとに区切る。
    小さな決断を積み重ねる→直感。
    三回褒めて、一回叱る。
    100%の報酬より、50%の方がやる気も持続し、心も安定する。

全2件中 1 - 2件を表示

仕事が変わる「5つの脳グセ」 できる人がやっている上手な脳の活用法を本棚に登録しているひと

仕事が変わる「5つの脳グセ」 できる人がやっている上手な脳の活用法を本棚に「積読」で登録しているひと

仕事が変わる「5つの脳グセ」 できる人がやっている上手な脳の活用法はこんな本です

ツイートする