「読む」「書く」「考える」は5分でやりなさい!

  • 329人登録
  • 3.45評価
    • (8)
    • (26)
    • (33)
    • (5)
    • (2)
  • 33レビュー
著者 : 小宮一慶
  • 大和出版 (2012年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784804717739

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
OJTソリューシ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「読む」「書く」「考える」は5分でやりなさい!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「デンマークは貿易収支の黒字化を目指している」
    これは間違いないと思います。
    *大きな間違い。貿易収支の黒字と赤字の意味がわかってない。経済学の基本書ぐらい読もうよ。

  • 5分でやれることはいろいろあるので普段の心構えが大切だよという話と新聞との付き合い方の話。参考になる。

  • 【No.28】「同じ5分でも、その時間を生かすも殺すも自分次第。やろうと思うか否か、ちょっとした意識の違いが、いつしか大きな差を生む」「時間もお金も使うもの。使われてはいけない」「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」「読む力や考える力というインプットに磨きをかけることが、良質なアウトプットにつながる」「何かに関心を持ったとき、すでに引き出しに入っている情報が自然に浮かんできて、関連付けができるようになる=ひらめき」「できない社員ほど、数字に弱い。数字を知らない」「目的=最終的に行き着くところ。存在意義。目標=その通過点や、具体的に実行すること」「成功を収めたときは窓の外を見て、成功をもたらした要因を見つけ出す。
    結果が悪かったときは鏡を見て、自分に責任があると考える」

  • 書く、読む、考えるについて自分で試してみようと思うことが沢山発見できた一冊。コンサルタントである著者が書いた本だけあり、ビジネスマンにとってははじめから終わりまで読んで、損はないと思う良書。

  • 一つの情報から仮説を立てること。
    仮説は1つずつ深堀していく。

    できるようになったら、最初の段階から色々な方向に分解できるようにする。

  • 「時間に使われる」ではなく、「時間を使う」!
    そうすれば、同じことをこなしていても自主的に行動している分忙しさや慌ただしさを感じずに済む。

  • ダラダラしないで、すぐやる!

  • 著者は、経営コンサルタント。㈱小宮コンサルタンツ代表取締役。十数社の非常勤役員も務める。

    著書に「ビジネスマンのための発見力養成講座」「日経新聞の本当の読み方がわかる本」等多数。

    限られた時間の中で、時間をコントロールしながら仕事をするにはどうすればいいのか。

    仕事は、良質なアウトプットが全て。
    相手は、「仕上がった仕事の中身」だけを見て判断する。

    求められているのは、あくまでもアウトプットの質と量。良質なアウトプットをたくさん出せる人は、お客様からも会社からも重宝される。そして、良質なアウトプットを出せる人は、仕事も早くなっていく。

    その理由を本書では、以下の5章にわけて紹介している。

    ①時間と気持ちをコントロールする技術
    ②読むを最速化する技術
    ③考えるを最速化する技術
    ④書くを最速化する技術
    ⑤仕事の質と効率を押し上げる極意

    たかが5分。されど5分。
    時間は同じであるも著者のいうようにアウトプットは違う。いかにその5分を凝縮させて過ごすことができるのか。

    試行錯誤の連続。5分の積み重ねによってアウトプットの質もあがり、自分の能力の成長にもつながる。

    読む・書く・考える。
    日常生活をおくる上では当たり前の行為。
    その当たり前の行為をいかに考えて取り組むかによって数年先の自分の人生は良くも悪くもなる。

  • まずはてをつける、やりかける
    デスク周りの捨て日を作る
    質にこだわる
    自分の言葉で説明する
    わかったことだけをつなぎ合わせてわかったふりをしない
    すぐ調べるくせをつける
    無知の知
    具体的な数字を比べて検証する
    常に仮説→検証を繰り返す
    机がきれいな人は仕事ができる
    相手が求めてることをする
    メール、話、行動等全て
    子供でもわかる内容に
    一流を真似る
    目標を実行→目的が見えてくる

  • 5分を大事にする。
    スマホだらだらいじるのやめる。
    once done is half done
    まず始める。そして続ける。
    専門書から入門書の順に読むのもあり。
    文章書く習慣をつける。

    著者のオススメの本も読んでみたい。

全33件中 1 - 10件を表示

小宮一慶の作品一覧

小宮一慶の作品ランキング・新刊情報

「読む」「書く」「考える」は5分でやりなさい!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「読む」「書く」「考える」は5分でやりなさい!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「読む」「書く」「考える」は5分でやりなさい!はこんな本です

ツイートする