エロスなき母子癒着の病理―大人になれない青年たち

  • 2人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 山田和夫
  • 大和出版 (1988年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784804760094

エロスなき母子癒着の病理―大人になれない青年たちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最後の?章典型としての三島のみ読む。
    家族関係がもたらす性格について論じていて、暗いんだけど、「感情体験」がないからこそそれを生めるために努力して追いつこうとする、という論はあるかなと思います。
    平民出身で誰よりも皇族らしい美智子さま。農民の寄せ集めでありながら、武士らしい武士だった新撰組。赤松・黒松の区別もつかないのに、松の葉に玉のような露が光るさまを誰よりも美しく描いた三島。
    三島はかわいそうな人だよね。でもそれが最高の芸術を生む。普通の人には素晴らしい芸術を生み出すのは難しいってことか。

全1件中 1 - 1件を表示

エロスなき母子癒着の病理―大人になれない青年たちを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする