どうして、他人とうまくやれないの?―アスペルガー・タイプの人間関係・仕事・生活術

  • 58人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 司馬理英子
  • 大和出版 (2011年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784804761800

どうして、他人とうまくやれないの?―アスペルガー・タイプの人間関係・仕事・生活術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小学生の発達障害児やその親向けの本が多い中で、中学生ぐらいの子供に読ませてなるほどと思いやすいようす。我が家のアスペな子供たちにもとても受けが良い。5冊ぐらい研究費で買って貸出用にしようと思います。

  • これはわかりやすかった。
    図解じゃないし、イラストもない文章だけなんだけどね。
    スッと頭に入ったなあ。
    まあ、なんとかやっていこうか、って気にさせてくれた。
    手元にいつも置いといて、ことあるごとに開くといいかもしれない。


    ただタイトルがイマイチだと思う。
    このタイトルじゃ電車の中じゃ読めない。
    ま、発達障害の本なんてどれも電車の中じゃ読めないけどね。

  • 参考になった。
    「ま、いいか」の感じで書いてることをやっていきたい。
    生きていこう。

  • くり返し読む本。自信がなくなったりうまくいかないと思ったりするときに。

  • ・もっと皆が理屈で動くようになればいいと思う。感情は横に置き、ルールと効率性を優先すればもっと社会はよくなる。不必要な情報や潤滑材としての世間話など消え去ればいい。

    ・そう、挨拶や暗黙的ルールなど、全部明文化してしまえばいい。それならば私がこなすこともできるだろう。

    ・そもそも人付き合いをしたくない人間が、どうやったらそのように生きていけるかについて何かしらのヒントが欲しかった。結局のところ適応しろとしか書いてない。

    ・会話というのは相手から目的の情報を得るために行うためのものである。聞き上手も何も、こちらが質問してそれに相手が答える。もしくはその逆。それだけで完結してしまえばそれでいいのではないか。

    ・『「興味のない話はしない」と”孤高の人”を貫くのも、別に悪いことではありません』まったくそのとおり。だいたい当たり障りのない会話など自分にとって何が有益なのだろう。専門性の高い話は禁止ってむしろそれだけにしぼるべきだ。

    ・人とかかわりを持ちたいけどできないというタイプがこの本の主な読者になるのだろう。私にしてみればそういう人間がいることが不思議だ。

    ・こんな本でも「強みを活かせ」と書いてあるのは奇妙な一致だ。ビジネスマンだろうがアスペルガーだろうが、結局それが真理ということなのだろう。

    ・「あなたは、あなたらしく生きていいのです」それが許容される社会であるのならね。自己を矯正して合わせるしかないだろうが。つくづく浮世は地獄だ。

  • 空気が読めない、仕事がうまくいかない、何がダメだかわからない…。原因はアスペルガー症候群?大人の発達障害、「自分らしい生き方」ガイド。

全9件中 1 - 9件を表示

司馬理英子の作品一覧

司馬理英子の作品ランキング・新刊情報

どうして、他人とうまくやれないの?―アスペルガー・タイプの人間関係・仕事・生活術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

どうして、他人とうまくやれないの?―アスペルガー・タイプの人間関係・仕事・生活術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

どうして、他人とうまくやれないの?―アスペルガー・タイプの人間関係・仕事・生活術を本棚に「積読」で登録しているひと

どうして、他人とうまくやれないの?―アスペルガー・タイプの人間関係・仕事・生活術はこんな本です

ツイートする