パリのおばあさんの物語

  • 210人登録
  • 4.05評価
    • (33)
    • (28)
    • (22)
    • (2)
    • (1)
  • 33レビュー
制作 : Susie Morgenstern  Serge Bloch  岸 惠子 
  • 千倉書房 (2008年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (37ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784805109137

パリのおばあさんの物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  じんわり心にしみる絵本。
     確実に進む老いに不自由を感じ、最愛の息子にはちょっぴり強がってみせながら、自由にしなやかに生きるパリのおばあさんの姿に、女優の岸惠子さんの訳がナレーションのように重なって聞こえてくる。著名人の訳ならではの特典映像みたいなものかな。
     人は誰しも歩んできただけの過去の道と、これから進む未来の道を持つ。その重みと軽やかにつきあっていける人生はすてきだ。いまの自分がいちばんいい自分と思わせてくれる、お気に入りの一冊になった。

  • とってもハンディな本なんだけど表紙の絵が雰囲気あってステキ。
    部屋に立てかけて飾っておきたくなる。
    そしてお話も小粋で洒落ている。おばあさんには第二次対戦時の
    苦しい体験もあるのだけど。けっして暗さが漂っていない。
    なによりおばあさんが可愛らしくて、チャーミングで、私もトシ
    をとることがコワくない気にさせられる。
    また読もう。

  • 女優の岸惠子さんが初めて翻訳した、フランスで子どもから大人まで読みつがれている絵本。
    ユダヤ人のおばあさんは辛いナチスの時代を知恵と我慢で生き抜いてきました。
    子どもはいるけれど、おじいさんに先立たれてからはひとり暮らしです。
    体のあちこちが悪くなって、できないことが多いのに、愚痴もいいません。「やりたいこと全部ができないのなら、できることだけでもやっていくことだわ」と前向きです。
    物忘れがひどくて一日中さがしものをしていても、とても楽天的、
    今日うまくいかなくても、明日になればきっとよくなると考えます。
    ユーモアがあって、おちゃめなおばあさん、自分の人生をしっかり見つめて生きていて、すてきです。

  • 人に勧められて手に取りました。絵は優しく本の作りと合っています。おばあさんの人生を語りつつ訴えてくる内容は十分に濃く重い。

    戦争が変えてしまったいろいろのこと。
    おばあさんはひたすら自分の目の前の道を邁進してきました。
    「わたしの分の若さはもうもらったの。今は年を取るのがわたしの番」
    「もういちど、同じ道をたどってどうするの?だってわたしに用意された道は、今通ってきたこの道ひとつなのよ」
    若いころに戻ってみたくないかと聞かれておばあさんはそう答えます。
    人は若いころに戻ってみたいだけでなく、時には昔へ帰りたいとかやり直してみたいと思うものですが、おばあさんは潔く今の自分を受け入れています。
    そういう風に自分も来し方行く末を思うことができたなら…と思わずにはいられません。

    岸恵子さんの訳がとてもいいと思います。手に取りやすいサイズ感、表紙からは思いがけない内容の濃さ、結構な年月を過ごした大人にこそお薦めしたい絵本ですね。

  • 訳者さんが岸恵子さんだったので、興味持った本。薄いながらも考えさせる内容で、面白かった

  • 戦争のない毎日がどれだけ幸せか、優しく語りかける。

  • 静かだけれど、確固たる意志を持った日常の強さ。年を重ねるってこういうことなのかなと、思いました。

  • ダ・ヴィンチ プラチナ本 2009年2月号

  • 訳者の岸惠子さんのあとがき
    「生まれて、生きて、死ぬ。これは人間だれもが持つ平等なさだめです。けれど何処にどう生まれるかを、人は選ぶことはできません。この物語のおばあさんの一家はユダヤの人たちです」

    どんな環境に生まれてくるか、人は選べない。恵まれているか、そうでないか。
    暗黒な時代を生き抜いてきたからこそ言える「明日になれば、きっと良くなるわ」というおばあさんの言葉。

    老い衰えていく、という誰にでも与えられたさだめを、柔らかく受け入れていくということが描かれている絵本。しなやかで強くて美しい人間の姿が、そこには在る。

  • パリで暮らすユヤダ人のおばあさんが人生を振り返る。
    色々なことがだんたん出来なくなってくるけれど、それを残念に思ったり、諦めたりせずに日々を生きていく。

    もう一度若くなることが出来たとしても、私の道はこの1本だけ。
    戻る必要はない。

    戦争の辛さを経験したことのない人には今の辛さは本当の辛さではない、という部分は納得できないけれど、老いを肯定的に受け止めているのは交換的。

    悪いことの中からもいいことを見つけて喜びに変える様子はポリアンナのよう。

全33件中 1 - 10件を表示

セルジュ・ブロックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マージェリィ・W...
村上 春樹
中島 京子
村上 春樹
アクセル ハッケ
三浦 しをん
フレデリック ク...
有川 浩
平田 研也
有効な右矢印 無効な右矢印

パリのおばあさんの物語に関連する談話室の質問

パリのおばあさんの物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パリのおばあさんの物語を本棚に「積読」で登録しているひと

パリのおばあさんの物語の作品紹介

パリに暮らす一人のおばあさんが、昔を振り返りながら、いまを語る。フランスで子供から大人まで読みつがれている絵本を女優・岸惠子が初めて翻訳。

ツイートする