新装版 ケース・スタディの方法(第2版) (bibliotheque chikura)

  • 38人登録
  • 4.20評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 近藤公彦 
  • 千倉書房 (2011年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784805109779

新装版 ケース・スタディの方法(第2版) (bibliotheque chikura)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 既に6版が刊行されているが、翻訳は2版が最新。
    訳がやや読みづらい。研究方法論、研究戦略。他の関連文献、要約、まとめなどと合わせながらじっくり読むのが良さそう…。

  • ケーススタディには、ケースを利用した教育とケースによる研究とがある。前者はビジネススクールの授業でやるようなあれで、本書は後者に関するもの。研究を目的としたケーススタディの方法論に関する書籍としては、もっとも有名で代表的なもののひとつ。ケースを利用した研究をする以上は、基礎知識として読んでおかないと、と。
    Yinの方法論は、他のケーススタディの方法論(Glaser & Strauss、Eisenhardtとか)とくらべるとかなりかちっとしている。リポート作成までを見越して事前にプランニングをきっちりやって、その通りに進めていくという雰囲気。もちろん途中での計画変更はあるが、それも事前のプランニングがあればこそと。とても参考になる部分は多い。
    とくに、ケースからいかに明確な証拠を引き出し説得的な結論をえるかという観点が細かく記述されているのがいい。やはり、少ないサンプルでしかも定性的な情報を扱うため、批判的検討に耐えうるだけの説得的な証拠をいかに得るか、その証拠を元にした解釈はいかに客観性を持つのかといった問いは、ケーススタディにとって最も難しい問題だといえる。そこをしっかり整理してくれているのはありがたい。研究をすすめる各局面で活用できそう。

  • 研究者がほとんどあるいは、全く制御できない現在の事象群について、どのように、あるいはなぜの問題が問われている。

    リサーチ設計とは、収集されるデータ(および導き出される結論)を当初の研究問題に結びつける論理である。明示的ではないとしても、あらゆる経験的研究には暗黙のりさーと設計がある。

    何を探究すべきか、探索の目的は何か、そして探索が成功と判断される基準について前もって説明しておくべきである。

    ケーススタディの準備には、研究者の事前のスキル、特定のケーススタディのための訓練と準備、プロトコルの開発、パイロットケーススタディがある。

  • 301.6||Y5||Ke=2e

全4件中 1 - 4件を表示

新装版 ケース・スタディの方法(第2版) (bibliotheque chikura)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新装版 ケース・スタディの方法(第2版) (bibliotheque chikura)を本棚に「積読」で登録しているひと

新装版 ケース・スタディの方法(第2版) (bibliotheque chikura)はこんな本です

ツイートする