ブラックホール: アイデアの誕生から観測へ

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 山田 陽志郎 
  • 地人書館 (2016年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784805209011

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイヴィッド・J...
Katherin...
スティーヴン ワ...
ジャレド・ダイア...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

ブラックホール: アイデアの誕生から観測への感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

全2件中 1 - 2件を表示

ブラックホール: アイデアの誕生から観測へを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブラックホール: アイデアの誕生から観測へを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブラックホール: アイデアの誕生から観測へを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブラックホール: アイデアの誕生から観測へを本棚に「積読」で登録しているひと

ブラックホール: アイデアの誕生から観測への作品紹介

17世紀以降の古典力学の時代にも現代の「ブラックホール」につながるアイデアは考え出されたが、当時の天文学の範疇では、ありえない天体または天文現象として考慮されることはなかった。20世紀に入っても、アインシュタインの一般相対性理論の解として「ブラックホール」の可能性が考えられたが、恒星など現実の天体ではありえないものとして拒絶された。20世紀後半になって、天体の重力崩壊現象が「ブラックホール」と名づけられたときも、まだそれを確かめる観測手段はなかったが、同時期にパルサー(中性子星)、クエーサーなどの天体が発見され、その後、エックス線天体が見つかりその膨大なエネルギーを賄う機構として「ブラックホール」が現実の天体として検討されるようになった。21世紀の現在、ブラックホールの衝突合体による重力波が驚くべき精度で実際に観測され、見えない天体「ブラックホール」の直接的証拠が提示され、ブラックホールは実在する天体としての地位を得た。本書は、それらの歴史的流れを作り出した物理学者、天文学者を中心に、多くのエピソードを紹介しながらブラックホール受容の変遷を辿っている。

ブラックホール: アイデアの誕生から観測へはこんな本です

ツイートする