ネーミングがモノを言う―あのヒット商品から「東京スカイツリー」まで

  • 87人登録
  • 3.19評価
    • (2)
    • (6)
    • (13)
    • (5)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 飯田朝子
  • 中央大学出版部 (2012年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784805761823

ネーミングがモノを言う―あのヒット商品から「東京スカイツリー」までの感想・レビュー・書評

  • 『日本の助数詞に親しむ』の飯田朝子さんの本、他にも読んでみました。

    第1部 人の名前と商品のネーミング
    第2部「東京スカイツリー」のネーミング

    グリコの「P音ネーミング戦略」、ポッキー、プリッツ… 
    紙おむつの赤ちゃん用とおとな用のネーミング、 等、なるほど~と思うこと沢山。

    「東京スカイツリー」の名前を決める時の名称検討委員だったそうで、第2部では、そのときの経過も書かれてます。
    が、結構助長でしょうか、かなり飛ばしてしまいました。
    「タワー」でなくて「ツリー」になったきっかけは
    20位以下だった(何位だったんだろう?)のを飯田さんが残したから、とのこと。

    残念というかなんというか…
    あとがきによると、ご自身のお子さんの命名は、色々悩んだあげく
    姓名判断にゆだねたとのこと。

  • スカイツリーが「◯◯タワー」になってたかもしれない?ネーミング選考初期〜中期まで、候補のほとんどが「◯◯タワー」だったスカイツリー。終盤、非◯◯タワー型のネーミングを出そう、となった流れは読んでいてとてもおもしろい。「ブランドネーム誕生物語」(横井さん著)とあわせて読むとまた楽しめます。

  • 最近ネーミングについて気になっているので手に取った1冊。
    「東京スカイツリー」の名前が決まるまでの経緯、面白かった。

  • 東京スカイツリーの名称決定に至る、色んな裏側は面白かった。
    けどその前後、ネーミングが大切なのは当たり前すぎて、それなら他の本を読めばいいのだけど、何故、「ガ行」なのかなんとかかんとかだと、理屈は専門家さまが仰っている通りなのだろうが、結果だけだと余りにも説得力なく、ただのトンでも本にしか見えん。
    全体として、いまいちのし上がり。

  •  結局東京スカイツリーという命名は最初の最初から決まっていたんだと改めて勝手に認定する。
     
     作られたネーミングがいかに皆の心に響こうが、それは結局消費者に物をかわそうという魂胆が見え見えなのが気になる。

  • チェック項目9箇所。いつかは親になって自分の子どもの命名に頭を悩ませる日がくるかもしれません、そんな時、この本で得た「言葉」の力にモノを言わせてください、ちょっとしたツボを押さえれば、人を引きつけるネーミングはすぐに思いつくことができるのですから。人やものの名前について考えることで、私たちの身の回りのものの存在や価値をあらためて知る手がかりにな、それがビジネスの発展へと役立つのです。昭和から平成になった翌年に生まれた子には「平」や「成」の字を使った名前は多く登場しません、年号を名付けに採り入れる動きは昭和時代でひとまず終わったと言えるでしょう。「プレミア」ではなく「プレミアム」と「ム」を加えることでカタカナ語を1音長くし、高級感を演出しようとしています。愛称を一般公募した段階では、「東京タワー」は決して人気の上位に入るアイディアというわけではありませんでした。「天空」は日本語話者にとっては良いイメージの語であっても、他言語話者にとってNGワードになりうるのです。本書では、人の名前の付け方、ヒット商品に隠されたネーミングのポイントを参照にしながら、三つの要素が重要であることをせつめいしました。

  • やっぱり最近は、いかに広報するかに関心があり、色んな取り組みも上手く概念枠組みができてさらにそれをバチッと表す「名前」があると、関わる人がぶれることなく仕事できるんだよな、と思って手にとった本。
    名前の音の表記については、なるほどねえ、と面白かった。いわく、音を出すときの口の動きが、食べる時の動作と似ていて、商品名を口にするたびに食べるイメージがわく。ポリッ、とか軽い感じの「ポッキー」。なるほど!
    この著者は「東京スカイツリー」の名前を決める時の名称検討委員だったので、その時の詳細な経過も書かれてます。ほんと、こんなに丁寧に考えて検討してるんだ!とびっくりです。図書館キャラの名前なんて、ほんと直感だったのに、やっぱり前後左右考えてつければよかったなあ、と反省した次第です。

  • 人の名前がモノを言う 有名人の名前をもじった農機具がヒット なぜ男性は濁音が好き 宮崎駿監督作品名の「の」の効果 東京スカイツリーのネーミングは冗長となっている 

  • 第1部《人の名前と商品のネーミング》と第2部《「東京スカイツリー」のネーミング》の両方とも面白かった。
    参考文献の多さから、こんなにもネーミングの本が有ったのかと知り驚いたが、私はこの一冊でもう充分。
    個人的には、東京スカイツリーの名称検討委員会のチェックの段階(商標登録されていないかと、主要10言語で変な意味が生じないか)が一番興味深かった。
    また公募で寄せられたアイディアの中で、日本人が好む「夢」という言葉と外国人が捉える「ドリーム」という言葉のニュアンスの違いも面白い。
    残念な部分は、最終的に「東京スカイツリー」と決まった後から取ってつけたようなメリットの部分。
    そしてネーミング研究のプロである著者が、お子さんの命名を最終的に姓名判断に委ねたところが一番残念かな。

  • スカイツリーのネーミングの経緯がわかる。
    舌の動きなども考えてネーミングする。など。


    2013.06.20

  • 和図書 674/I26
    資料ID 2012104670

  • 今ではすっかり定着した感のある「東京スカイツリー」という名前ですが、数年前に発表された時には「ツリー」という名前に違和感を感じたのを覚えています。一般公募から名称を募集したときには無かったようですが、命名選考委員になった本書の著者である飯田女史が中心となって最終候補案に追加した結果、選ばれることになったようです。

    この本には、一般公募から選ばれた名称から、最終候補案である7つを選択するときのエピソードや、今までの多くの塔の名称がつけられてきた歴史についても触れられていて興味深かったです。

    この名称をつけたことで東京タワーを「タワー」、東京スカイツリーを「ツリー」と略称で呼ぶことができ、外国人にも理解しやすい分かりやすい名称になったようで良かったようです。

    私はまだ「ツリー」に行ったことが無いので、近いうちに家族で行ってみたいと思いました。

    以下は気になったポイントです。

    ・男子の名前は「漢字1字+2~6音の名前」、女子の名前は「6つの音:ゆ、み、な、ま、り、あ」が多く使われている(p11)

    ・グリコは名称に、積極的にP音をネーミングに入れることで、消費者が商品名を口にしたり耳にしたりするたびに、消費者にお菓子を口先で咀嚼する動作を潜在的に思い起こさせる工夫をしている(p27)

    ・スイーツ以外にも、料理名にも「ろ」の音象が活かされている、「ろ」は濃厚で柔らかいものを味わうときの動きをしていることが体験できる(p29)

    ・男性が濁音を好む理由は、発音するのにエネルギーが必要な音だから(p31)

    ・子供用のおむつには、M音P音が含まれているが、大人用おむつには、F音T音を選んでいて一線を画している(P34)

    ・受験応援商品のネーミングとして、入試での合格を意味する表現・好結果をイメージさせる表現・勉強する姿勢を応援する表現・勉強にまつわる縁起の良い表現、がある(P71)

    ・東京スカイツリーは、2008年春の最終候補投票には、11.04万票もの投票があったが、全部で6つの候補(東京EDOタワー、みらいツリー、ゆめみやぐら、Rising East Tower、ライジングタワー)があった(p79)

    ・明治以降に建てられたタワー類の初期の名称は、凌雲閣(1890)通天閣(1912)生駒山上遊園地飛行塔(1929)であった(p81)

    ・東京タワーは愛称で、正式名称は「日本電波塔」、当時の一般公募において「東京タワー」は13位(223)で、1-6位までは「塔」のつく名称であった(p95)

    ・今回の名称の一般公募(1回目)は、2007.10頃から1か月行われた、全体の4割が葉書であったのは、墨田区を中心とした広報誌を新聞折り込みとして10万部入れたことも影響している(p107)

    ・一般公募で上位20位の名称には、商標登録上の問題や、他施設との混同が発生する可能性のものが多かった(p147)

    ・富嶽タワーは、中国語と台湾語話者から、「獄」が監獄を連想させる、フーはロシア語で悪臭がするときに用いる、空は「からっぽ」というイメージ、ingがつく語は、建設中のイメージ、東(あずま)は韓国語で「おばさん」、ぜんそく(Asthma)に似ている、「あずまたわー」はスペイン語で「殺すイメージが含まれる」、一方「みらい」の語は、音が美しいという感想(スペイン、イタリア、ドイツ)が多かった(p151)

    ・最終案は当初予定の5つではなく、1案(東京スカイツリー)の6案となった(p157)

    ・東京タワーは「タワー」、東京スカイツリーは「ツリー」と、わずか3文字で呼びわけが叶うことになった(p170)

    ・現在の「とうきょうスカイツリー」駅は、吾妻橋駅で開業(1902)したが、... 続きを読む

  • 未読了。再借出し希望。

  • (東京スカイツリーの)名称検討委員会メンバーの一人、飯田朝子さんの書籍。「東京スカイツリー」の名称が決まるまでの経緯が面白かったです!

    他にも、人の名前の由来、ヒット商品(ポッキーなど)のネーミングを分析した内容になっています。

    スカイツリー関連のページがメインなので、後者のページは少なめです。

    http://www5b.biglobe.ne.jp/~aiida/
    http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~iida/

    初版 2012年10月

  • ネーミングに関する本ということで、前半は人名やヒット商品を、後半はスカイツリーについて解説。

    ネーミングの分析は字面、音、意味から構成されており、各々面白い。
    前半の人名・商品目に関しては、ちょっと雑学っぽい。
    スカイツリーの名称の選考に関する後半は、裏話の様相を呈しつつ、記念物の名前が決まる過程がわかる。
    特に国際的なランドマークとなる可能性があるため、外国語での表記と音を考慮しなければならないといけないことなどは面白い。

  • 東京スカイツリーの決定過程が面白い。日本語だけではなく、外国語の響きや意味まで考慮し、なおかつ登録商標になっていないという条件をクリアしたからこそ、これになったんだなと。
    これが「墨田タワー」あたりだと、マンションにこんな名前ありそうだし。

  • ネーミングのポイントは音、意味、表記。
    「スカイツリー」のス、カ、イ、ツ、リには全て曲線が入っていて、それもまたツリーの曲線美を表していて効果的なのだそう。
    音から受ける印象については、科学的なような、感覚的なような、でも、言葉ってそういうものだよな、と。
    わかりやすい文章でとても読みやすいのだけど、ところどころ、あれ?と疑問に思うことも。
    あとはお子さんの名付け…

    言葉は生き物だな、と。
    言葉やネーミングの入門書としても、もっと手軽な読み物として良い本だと思った。

  • 読了時間1時間。東京スカイツリー名称検討委員会メンバーであった著書のネーミング論。東京スカイツリーに決まったいきさつも書いてあって面白いです。このような建物のネーミングをつけるとき、商標や外国語で変な意味にならないかなどいろいろ考慮せねばならないことがわかりました。○○タワーって候補が多いなか、ツリーに決まったことはすてきなことです。
    我が伊賀市でも、ハイトピア伊賀という施設ができました。この○○トピアもあるあるですよねw 市長選挙の結果でどうなるかわかりませんが、伊賀市の新庁舎にも愛称というかネーミングができればよいなぁ。と思いました

  • 読売新聞掲載。

全20件中 1 - 20件を表示

ネーミングがモノを言う―あのヒット商品から「東京スカイツリー」までを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ネーミングがモノを言う―あのヒット商品から「東京スカイツリー」までを本棚に「積読」で登録しているひと

ネーミングがモノを言う―あのヒット商品から「東京スカイツリー」まではこんな本です

ツイートする