『ノルウェイの森』の村上春樹

  • 18人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 酒井英行
  • 沖積舎 (2005年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806047001

『ノルウェイの森』の村上春樹の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3375.初、並、カバスレ、帯付。
    松阪BF.

  • フィクションの文字が、村上愛の生活の方法-彼らはすべてのコーヒー、音楽、愛、まじめな人だけで彼の人生の孤独の中に住んでいるささやかな楽しみを... ...なぜ、これらの文字私は、主な理由は、これらの人々と私には共通の性質を有するもの-家族、一般市民から来た偉大な受け入れられているようだ理由は、お金も不良ではありません。自体はカウントされません特に、しかし、愚かでは優れている-傑出していることに、学校が、結果はまだ耐えて、自分の地域のように、子供のようなことをするのが大好き行うことができますいくつかの利益があった;の合計で、自分ですべてが、他人に迷惑をかけるようにするには、社会では、その多くの男性と似たようなコンテンツよくない... ...要するに、すべてこの社会に住んでも希望的観測が、あまりにも厳しいていないグループではありません。

  • 大学生の頃に読んだが、「ああ、そうか」という感じだった。
    今また読めば違うのかな。

全3件中 1 - 3件を表示

『ノルウェイの森』の村上春樹はこんな本です

ツイートする