あの広告はすごかった!―日本の優秀アイデア作品集

  • 57人登録
  • 3.10評価
    • (1)
    • (2)
    • (17)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 安田輝男
  • 中経出版 (1997年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806110392

あの広告はすごかった!―日本の優秀アイデア作品集の感想・レビュー・書評

  • 「あの広告はすごかった!」安田 輝男
    1950〜90年代の広告集。

    ほぼ商品広告。いろいろな角度から分類。単色刷り。
    コメントは若干不要かな…と思わないでもないですが、勉強になります。
    変わっている感性と変わっていない感性の差がスゴイ。
    ①古臭くてダサい②古臭くない③古臭いからカッコいい

    全般的にとしまえんの広告が大好きです。(3)

  • 「大丸」



    入口まではこの広告が案内します

    入口からはわたくしが案内します





    「浜田SEIYU」



    つくりながら、つくろいながら、くつろいでいる。





    「ソニー」



    ほら、ね。ソニーでしょ。やっぱりね




    「味の素」



    日本海が、おいしいカイとたずねたら

    太平洋がおいしいヨウと答えました




    「日本酒造組合中央会」



    ちょっとだけよ。

    あんたも好きねぇ。




    「信用金庫」



    「自分に投資しろ」と部長

    「家族に奉仕しろ」と女房



    部長はエライし、女房はコワイ。




    さて、どうするボーナス。




    「信用金庫」



    「ボーナスだ、パーっと行こうぜ」と、

    叫んだとたん、妻の顔が浮かんだ。

    ボク、帰ります。




    「全日本空輸」




    なるほど。源義経の平家討伐も出張だったわけだ。





    「トヨタ自動車」



    始発電車の運転士さんは、何に乗ってくるのかな。

    最終電車の運転士さんは、何い乗って帰るのかな。

  • 時代の勢いが広告にも表れてる。暇な時に見ると、何か得るものを感じる。ほぼモノクロなのも想像力が働いていいんです。

  • 【読む目的】

    広告の勉強のためにたくさんのサンプルを見たかった。

    【読んだ感想】

    懐かしい広告がたくさんあって楽しめました。キャッチコピーの勉強にとても役立ちます。

  • 広告のキャッチコピーって、
    短い中に人を惹きつけるものがあって凄いと思う。
    見るだけで面白い本。

全6件中 1 - 6件を表示

あの広告はすごかった!―日本の優秀アイデア作品集を本棚に登録しているひと

あの広告はすごかった!―日本の優秀アイデア作品集を本棚に「読みたい」で登録しているひと

あの広告はすごかった!―日本の優秀アイデア作品集を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あの広告はすごかった!―日本の優秀アイデア作品集はこんな本です

ツイートする