俺が、つくる!

  • 146人登録
  • 3.71評価
    • (16)
    • (15)
    • (31)
    • (0)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 岡野雅行
  • 中経出版 (2003年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806117605

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
ハロルド・ジェニ...
デイル ドーテン
ジェームズ アレ...
スペンサー ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印

俺が、つくる!の感想・レビュー・書評

  • ひとくせある人の言葉は面白い.ひとくせあるだけならうるさいおじさんだろうが,実際に本物を作り上げてしまう以上,うなづくしかない.

    こういう人は確かに成功できる.ただ,このような成功ができる人材を輩出する仕組みが日本からなくなっていないか,そこが問題である.

  • 日本の職人は凄い。それをまざまざと見せつけられた。これまで培ってきた経験。失敗に失敗を重ね,今の成功した岡野さんの姿を見ることができる。
    誰もやらないことをやる。非常に参考になる一冊だった。

  • 生き生きした文体が気持ちいい。

    岡野さんの人生はほんと痛快で読み進めるにつれダメージを受ける。
    自分とは全く正反対の生き方をしていて憧れる。
    反面自分には無理なんだろうなぁとかこんな生き方してみたかったとか。
    (まだ就職すらしてませんが

    きっと岡野さんのようにはなれない。だからこそこの本を読んでの満足なのかも知れない。

  • さしても痛くない注射針を作った職人。岡野雅行の行動哲学を綴ったビジネス書というべきだろうか。

    その考えと、行動、そうしてそこにいたったまでの事実が分かりやすく書かれている。

    信念=誰もやらない仕事をする。できないものならやってみろ。そうして笑う岡野氏の顔が見える。さすがだと言うべきかどうか。ただこういう人は嫌いになれないというのが、人なのだろうかと考える。

  • 代表社員岡野氏の個性(豪傑っぷりと暖かさ)や経営者としての手腕も学べとても参考になりました。

  • 兄が読んでいたので高校の時に読んだ本。
    不可能に挑戦する職人魂にカッコよさを感じた。
    印象的なシーンは、相手が納得する取引金額を相手に提示させたこと。
    相手あっての自分の商売。この意識が中小企業の方には当たり前のようにあるんだろうなと思った。

  • 本当の意味でのベンチャー企業とはどんなものかがよくわかる。大企業だけがやりたいことができるわけでないことが理解できる。大企業の重役だけの成功本をだけでなく、このような本を読むことも就活に役に立つ。

    (九州大学 大学院生)

  • 深絞りの技術で、痛くない注射針で有名になった、岡野工業社長の岡野雅行さんの本。
    技術にこだわり、出来ないことはないといったこだわりの親父さんのお話し。
    今年の著書「試練は乗り越えろ」を先日読んで、一番売れた本書「俺がつくる!」も読んで見たのだが、同じ話がたくさん出てきた。
    先日、岡野氏の講演を聴く機会があったが、講演の内容も、本書と同じ内容がほとんど。話好きなおじさんで、時間いっぱい(若干オーバー)イキイキとしゃべっていた。
    生の声で聞くと、おもしろいおっちゃんで、歳(喜寿)を感じさせないパワーが魅力的だった。講演の内容を少しメモしておく。
    ・痛くない注射針テルモが100社以上探して見つからなかった針の作れるところ、豊通からの持ち込みの話で岡野工業に。15分ほど考え、できると言ったら驚いていた。
    パイプからじゃできない。針はパイプからつくるという思い込みがダメだったんだろう。
    特許はテルモと共願。大企業に取らせないと防衛出来ない。(プルトップの特許、知り合いがデットコピーされた云々)
    ・大学卒じゃダメ。中学中退の俺が、、、
    図面書く~型組む~つくる、一貫してわかっていないとできない。
    パーツを外注⇨公差がある⇨合わせこみの世界が成立しない
    ・1から10までやるべき。でも大企業だとさせてもらえないでしょう。
    ・優秀な娘婿(えもとさん)にも恵まれデジタルの世界も取り入れてできた?
    えもとさん=ニコンで潜望鏡の加工していた
    ・専門バカはダメ
    ・型で売らない。システム、プラントで売る。
    成形用の加工油もセットで(ブレンド)
    ・決して新しい技術じゃない。
    ・携帯の電池のケース。地場の口紅ケースから
    ・1万円のりんごの話(高くても売れる)
    そういうのを気づく感性が必要
    ・高くてもいい。何か他とは違った物を作りなよ

    てな感じで、ずーっと江戸っ子弁でしゃべっている、気のいい工場の親父さんでした。



    目次
    「できない」と言われると、俄然、成功してみせると燃えてくる。
    失敗を何度も繰り返す。だから誰もできない仕事ができる。
    技術は見て盗むもの。教えてもらうものじゃない。
    勉強は大嫌いだった。その代わり、誰よりも遊んだよ。
    技術や商売の仕方は遊びのなかから身に付けるもの。
    図面を引かないから発想は無限に広がっていく。
    金型屋がプレスやるんだから、プレス屋も金型をやればいいじゃねえか。
    夕方五時から朝の八時まででいいから、工場を貸してくれ。
    「安くてみんなが敬遠する仕事」と、「難しくて誰にもできない仕事」しかやらない。
    同業者の仕事を盗ったことはない。盗られるばかりだ。
    布団にくるまっていても飛び起きて、工場にこもるなんてことはしょっちゅだ。
    国や銀行に何かしてもらおうと思ったことはこれっぽっちもない。
    人を伸ばすのには徹底的に褒めることだ。
    俺は会社の社員は絶対にけなさない。
    時代が変わることを考えないで、お金を追いかけているからダメなんだ。
    俺より技術が優秀な人は世間にいっぱいいる。でも商売センスがないんだな。
    「看板」で人を判断する人がいる。仕事は看板ではなく、人間生でするものだ。
    井戸を最初にほった人を、大切にしないと相手にされなくなる。
    ちょっとばかしお金がかかっても必ず返ってくる。商売とはそういうもの。
    同じ仕事は三年とやらない。値引き競争が始まる頃には次の仕事に取り掛かっている。
    小泉首相や竹中大臣よりも日本経済のことはわかっているよ。
    才能豊かな人でも何もないところから発明は出来ない。最初はコピーから始まる。
    大企業に言われっぱなしではなくなるのだよ、捨てゼリフを言うぐらいでないといけない。
    ちょっと人と違うことをやれば絶対に儲かるのに、苦労しようという人がいない。
    誰も責任を取ろうとしないから現場は怖がって何もないできない。
    俺は「狩猟民族」だから人と違うことをする。でないと生き残れないんだ。
    世渡り術や世の中の仕組みは玉ノ井の遊郭で教わった。
    技術は失敗の賜物。挑戦しなければ失敗もないが成功はもっとない。

  • 製造業の素晴らしさを伝えてくれてます。

  • 技術者の方々にはおすすめ。

  • 自伝っていうのは基本路線として1 俺は頑張った2 俺はえらいなので いらっと くるものもあるんだけどここまで好きにやってれば。なんか 隅田川のエジソン と ちかいものを感じる常に一歩前を見てないと ってかんじが 

  • 著者は、60ミクロンの注射針(蚊の口のサイズと一緒なのでさしても痛くない)を開発されてことで有名な岡野雅行さん。何度かテレビにご出演されたこともあるので、ご存知の方も多いのではないかと思う。
     本書では、「人のやらないことをやる」、「義理人情を重んじる」といった”ものづくり”におけるご自身の哲学を披露する。的を一発で射抜くようなシャープさと、どことないユーモア、そして一気にしゃべりつくすような急テンポなリズムでの語り調は、読んでいて心地いい。本物だけが持ちえる人間力、オーラは、活字を通してもなおダイレクトに心に響く。エンジニアリング、ものづくりに携わるものの一人として、素直に敬服する。

  • 【分類番号】12-05
    【保管場所】本社工場

    【森山】
     文章力講座の題材になった岡野氏の本があったので読んでみました。
     本当の職人の必要性、いつまでも安泰な仕事は無く、
     変化に適応することの大切さ、礼儀の大切さ、ものづくりの面白さがテンポ良く伝わってくる本でした。

  • 「誰もやらない仕事をする」という信念のもとに仕事をしている
    人ができない仕事は難しいから失敗もする。失敗のなかから何年先か、何十年先になるかわからないが、その失敗が必ず生きてくる
    興味のあることは誰でも自分から学ぼうとする。どうやって興味を持たせるかが、大人の考えるべきことなんだ
    夕方の五時に親父の仕事が終わったあと、深夜にかけて金型をつくる
    誰にもできない技術とノウハウがあれば自分を安く売ることもないわけだよ
    人はけなされるより誉めたほうが気分よく仕事をやってくれるし、伸びるってもんだ
    技術とかノウハウを持っていると、あとからあとから仕事が来るんだな
    仕事を追えばお金はあとからついてくるのに、みんなお金を追いかけるから、お金が逃げてしまう
    俺の仕事上でコマセにあたるものは、ずばり利益だ。利益を人に与えるわけだ
    俺は、折半で仕事をやることを誰にも隠さないからみんなに言う。すると、自分もお願いしたいという話がいろいろなところから出てくるようになる
    情報がないから、品物の価値がわからない
    一生安泰な仕事はない
    新しいものが出てくれば古いものはなくなっていく。だから新しい仕事ができない企業は潰れていく
    何かごちそうになったらどんなものでも、次の日の朝、電話して「昨日はどうもありがとうございました」とお礼を言わなければいけない
    何か一つ、得意なことがあればそれをずっと努力して練習して伸ばしていく
    情報をもっていて、なおかつその情報をうまく活用できるセンスがあれば、儲かるチャンスはまだまだいくらでもあるんだよ
    どうしてそれだけの技術が身に付いたのか。特別なことじゃない。それだけの失敗を経験してきたからだよ
    男は仕事のことに没頭してしまうからゼニ、カネのことは忘れちゃうんだな
    途中であきらめてしまうから本当の失敗になる。あきらめずに挑戦し続ければ最後にはできる
    上り調子になるまでの間は、技術を蓄積して、いつか来るチャンスに備えておくことだ。絶対にいいときがまたやってくる

  • 真似できない技術があれば、どんな大企業だって黙らせることが出来る。
    テレビに出ても、俺はココにいる!と、ドーンと構えている姿は人生そのもの。
    中小企業でもやることしっかりやってりゃこんなに強く生きれる、そんな想いを受けました。

  • 岡野工業の岡野雅行氏が、「どのようにして今の姿になったか」を書いた本です。中小企業としてどのようにして強みを磨いたか、その技術を開発するためにどんな努力をしたのか、どう仕事に取り組んだのか」が書かれます。

  • すごいおいちゃんですね。
    やっぱり、気合いと人間力と想像力。

  • 仕事は違うが自分も技術者として、「この人に」・「この仕事はあいつしかいないな」と言われる技術者になりたい。

  • 難しい仕事に立ち向かっていく姿がすばらしい。

  • この本は見た目は小さな町工場の社長(岡野さん)の書いた本です。
    私も良くわからない金型、プレスの職人さんらしく、
    業界ではとても有名らしい。
    内容は技術うんぬんではなく、岡野さんなりのものの考え方、
    仕事に対する情熱、夢中になることの大切さ、そして何より
    自分に自信があれば何者にも卑屈になることなく堂々と生きていける!
    という意気込みが伝わってくるものでした。
    そこまでの強烈な個性をたくさんの人に求めることは決して
    できないとは思いますが、読んでいてとても気持ちのいい本で
    2日間程度でさらっと読めました。
    今の自分はとても自信を持てるほどの努力や苦労はしていませんが
    そこが自分の弱さなんだと再確認させられました。
    これを機会に急にとはいきませんが、記憶にとどめて日々精進してまいりたいと思います。
    世間知らずの私でも気軽に読める本ですので、みなさんもぜひ読んでみてください。
    きっと私より多くのものを感じ取れると思います。

  • ymmtさんの推薦。
    世界最小の注射針を作った職人さんの自著。
    そのうちプロジェクトXで取り上げられそう。

  • 図書館に予約いれといた。

  • 最近の注射って昔と比べると痛くなくなったように思いませんか?実はこれ、この人のおかげなんです。大手メーカーがさじを投げた仕事をやってのけてしまう、日本の町工場の底力を象徴するような人です。「他人がやらないことをやるからから仕事になる。」その通りですな

全26件中 1 - 25件を表示

俺が、つくる!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

俺が、つくる!の作品紹介

従業員六名の小さな町工場を頼って、名だたる大企業から注文が舞い込んでくる。岡野さん以外に誰もできない仕事だから、大企業はただただ頭を下げるしかないのだ。「不可能を可能にする男」が語る開発哲学、経営哲学のすべて。

ツイートする