トヨタの元工場責任者が教える入門トヨタ生産方式―あなたの会社にも「トヨタ式」が導入できる

  • 42人登録
  • 3.39評価
    • (2)
    • (3)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 石井正光
  • 中経出版 (2004年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806121497

トヨタの元工場責任者が教える入門トヨタ生産方式―あなたの会社にも「トヨタ式」が導入できるの感想・レビュー・書評

  • 来週、トヨタ東日本の工場見学に行きます!
    なので、本書で予習をしようと思い読破しました。
    売り上げ向上以上に、人を育てるヒントがTPS(トヨタ生産方式)の中に詰まっている気がしました。
    また、「不用品には生産を改善するヒントがある」で、見失いがちなところにも改善のヒントが隠されていることを知り、無駄なものから質が生まれることには感銘します。
    組織の効率化のためには、できない人をよそへ移すのではなく、ベテランから移すことには、チーム力(連帯責任感)の重要性を感じます。
    一見、生産現場でしかTPSは活用できないのではないかと思われがちですが、家事でも(整理整頓が大事)、事務職でも(何をやるか明確に決め、現場に落とし込む)、あらゆる場面で活かされると思います。
    来週の見学で、本書のおさらいができるのが楽しみです。

  • ○抜き書き
    仮に大野氏や鈴村氏のような厳しい方がいなかったらTPSの基本が社内に根付いたでしょうか。
    もし学者タイプの人が、在庫やムダについて論理的に説明してくれたとしても、それが社員の心に響いたかどうかは疑問です。(22P)

    作業のムダに気づかない管理者、故障や停滞の原因がわからない管理者がいると、「マルを描いて立っていろ」と怒鳴りつけるのです。(23P)

    単純に言えば生産に寄与しないものは全部付加価値がないとします。(32P)

    お客様の必要のないものをつくって生産性を上げても在庫が増えるだけです。これは真の能率アップではありません。「みかけの能率」アップです。
    だから売れるもの、お客様の必要なものを、いかに少ない人間で生産するかという「真の能率」を高めていかなくてはなりません。(34P)

    可動率(べきどうりつ)とはその設備を「動かす必要のあるときに、どれぐらい動かせているか」を表しているものです。(中略)たとえずっと設備が動かせる体制にあるからといって、就業時間の8時間、動かしっぱなしにしておいては800個の製品ができあがってしまい、不必要な300個が「つくりすぎのムダ」になって在庫になります。(36P)

    トヨタでは「工程の流れ化」を説明するとき、作業を「細くて速い流れ」にするといいます。川の流れが細ければ、ゴミなどの障害物でせき止められても、すぐに原因がわかり、問題のゴミを取り除けば、もとのスムーズな流れに戻ります。(64P)

    トヨタでは注文の順に治具が車体部品を運び、ロボット溶接していきます。そもそもトヨタの溶接ラインでは独自の工夫で段取り替えが少ない時間ですむようにしているのです。(67P)

    ジャストインタイムとは、何がムダなのかわかる、ということが一番のねらいです。「1ヶ流し」はその手法の一つで、工程順に1個または1台ずつ加工、組付をし、1個ずつ次工程に流すやり方をいいます。(70P)

    トヨタでは星取表というものをつくり、その人の能力が一目瞭然になるよう工夫しています(77P)

    多能工化は減産に対する事前の準備でもあります。減産になったからと、急に準備しても遅いのです(78P)

    重要なのは作業時間を短縮することではなく、作業をいかに効率よく行うかを考えることです。求められているのは手足をすばやく動かすことではありません。知恵を絞ることなのです。(92P)

    一般的には、作業途中で品質異常に気づいても、ラインを止めると生産性が著しく低下するのでその場は見過ごし、完成品を検査して不良品だけをはじくとか、あとで検査をして直すなどの処置がとられます。
    しかし本来、品質は製造工程のなかでつくり込むべきです。品質異常があったら機械、人とも止めなさい、ということなのです。(117P)

    日頃から、何かにつけて「なぜを5回繰り返す」訓練を意識的に行っていると、よかった例も「偶然良かった」わけではなく、成功する必然性があったことに気付きます。(137P)
    中堅中小企業においてTPSの導入が難しい理由の一つは、ジャストインタイムの前提となる平準化生産ができないことです(143P)

    整理のコツは「迷ったら捨てる」(148P)

    誰しも自分のプラスアルファを、聞いてほしいという気持ちはあります。それを褒めるともっとやってくれます。その繰り返しです。(166P)

    「すごいことをやっているね」という話からもっていって、「そこまでできるなら、もうちょっとこういうこともあるといいなあ」と言うと聞いてくれるのです。
    単に「頑張っているね」という褒め方ではなくて、人のやっていることを正しく評価することが大切です。(211P)

    ☆感想
    わかりやすい。中小企業や海外工場に根付かせるにはどうしたらいいかが書かれていて参考になる。

  • トヨタ式の生産方式が非常にわかりやすく書かれている本でした。
    七つのムダをなくすという取り組み、ジャストインタイムの取り組み、4S(整理・整頓・清潔・清掃)特に整理整頓が最初は重要といういろいろな取り組みがわかりやすく書かれていました。
    そして、重要なのが「当たり前のことを根気よく続けること」。これが根底にある理念ということでした。
    やはり、何でも基本を継続して続けることが重要だと思いました。

  • 少し残念な本。話としては「トヨタ式」がすごくわかりやすく説明されていておもしろいのだが、「知っていること」を前提に書かれていることが多々あって、初めて読む私には「?」がちらほら。うーん……入門だよね???

全4件中 1 - 4件を表示

トヨタの元工場責任者が教える入門トヨタ生産方式―あなたの会社にも「トヨタ式」が導入できるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

トヨタの元工場責任者が教える入門トヨタ生産方式―あなたの会社にも「トヨタ式」が導入できるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

トヨタの元工場責任者が教える入門トヨタ生産方式―あなたの会社にも「トヨタ式」が導入できるを本棚に「積読」で登録しているひと

トヨタの元工場責任者が教える入門トヨタ生産方式―あなたの会社にも「トヨタ式」が導入できるの作品紹介

トヨタ勤続36年、国内・海外工場での指導経験をもとに、全国の企業に「トヨタ式」導入を成功させている"現場指導のプロ"が語る!成功事例をもとに解説。

トヨタの元工場責任者が教える入門トヨタ生産方式―あなたの会社にも「トヨタ式」が導入できるはこんな本です

トヨタの元工場責任者が教える入門トヨタ生産方式―あなたの会社にも「トヨタ式」が導入できるのKindle版

ツイートする