日本の経済ニュースが面白いほどわかる本

  • 15人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (0)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 清水雅博
  • 中経出版 (2006年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806123507

日本の経済ニュースが面白いほどわかる本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本経済を4つのポイントで解説する。

    ポイント1 物価・景気は流通通貨量で決まる。通貨量が多ければインフレとなり景気が上向く。逆だとデフレとなり不況となる

    ポイント2 物価景気対策は流通通貨量の調節で決まる。インフレ対策(好況期対策)は通貨量を減少させる。デフレ対策(不況対策)は通貨量を増加させる。

    ポイント3 為替レートは(円高・円安)は国際収支で決まる。国際収支が黒字なら円高。赤字なら円安。

    ポイント4 輸出・収入の有利・不利は円高・円安で決まる。

    以上がポイント。他にも利子率が高まれば、通貨流通量は減少する。逆は流通量が増えるのでインフレ傾向。
    プラザ合意とは、円高容認により、アメリカの貿易赤字を解消しようとしたもの。
    アメリカの対日貿易赤字解消要求により、内需拡大のための公共事業などが大幅に行われ、日本の財政赤字の拡大を招いた。
    橋本内閣での増税のタイミングは不況期だったので、不況はより深刻になった。
    日本の財政赤字、高齢化の問題は深刻。2050年には老齢人口が3人に1人の割合になる。
    これらの問題を解消するためには、
    1聖域なき構造改革
    2技術革新の誘発
    3セイフティーネットの確立
    4自由貿易協定の拡大による貿易の自由化
    5エネルギーの安定的確保
    6規制改革

    全体的に新自由主義的製作を提唱している。ただ、これが格差社会の問題を生んでいる。3でセイフティーネットの確立をあげているが・・・。

  • 経済をしっかりわかってたり社会に出てニュースをチェックしているような方にとっては、
    はっきり言って知ってて当たり前と言うか物足りなく感じてしまうかもしれません。<br>
    <br>
    でも経済用語の細かい意味って実は知らなかったりして、
    そういう部分では勉強になるところもあります。<br>
    <br>
    経済ニュースがよくわからないという方は、
    この本を読めばおおよその経済ニュースが理解できるようになるんじゃないかなぁ?と思います。

全2件中 1 - 2件を表示

清水雅博の作品一覧

清水雅博の作品ランキング・新刊情報

日本の経済ニュースが面白いほどわかる本を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本の経済ニュースが面白いほどわかる本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本の経済ニュースが面白いほどわかる本を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする