論理的な文章の書き方が面白いほど身につく本 (知りたいことがすぐわかる)

  • 82人登録
  • 3.13評価
    • (1)
    • (4)
    • (15)
    • (3)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 西村克己
  • 中経出版 (2006年6月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806124450

論理的な文章の書き方が面白いほど身につく本 (知りたいことがすぐわかる)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本のまとめ、ブログは以下に載せています。

    http://kashiwabaray.com/blog/index.php?itemid=68&catid=16

  • 文章を書く上での単純な「てにをは」的な話の本は良くありますが、この本がそれらとは一線を隔しているのは、文章と言うまとまりのある文を書くための事前準備に着目している点ではないでしょうか?
    特に目次を作る大切さ、それをエクセルなどの表計算ソフトで大タイトル、中タイトル、小タイトルで所謂ロジックツリーのように作っていく手法はもれがなく、まさにMECEの発想であり、論理的な文章を作りながら、ロジカルシンキングの手法まで身に付くという、正に一石二鳥な指南本です。この手法を使えば、長い文章でも短い文章でも、出来上がった文自体にはブレがなく、量の加減が出来るでしょう!!
    論理的な文章・・・とありますが、単なる報告書作成だけでなく、小説などを考えるうえでも役に立つ情報が満載な秀逸な内容です。
    最近になって新しく改訂されたみたいで、そちらには「目次がなんたら…」ってな感じのサブタイトルがあるようで、たしかに目次を事前に作る大切さを教えてくれる一冊です。

  • 学術的内容よりビジネス文書の書き方の常識やガイドを与えてくれる.
    書いてあることは至極当たり前なのだが,あらためて考えると納得できる.
    著者の経歴からすると,MOT的視点が入っているのか.
    見開き右ページに本文,左ページに図表という非常に分かりやすい構成になっているのだが,文章がページの途中で切れているのが非常に残念.
    各ページの終わりで文章を終わらせるのは現実的には難しいのだろうが.

  • 良い意味でシンプルな内容だったので、とても読みやすかった。
    しかし、内容は詰まっていて勉強になった。
    文章を書く機会があった際にまた読みたいと思う。

  • 主張を支える理由をジャンプさせない。
    データや論拠を無意識に省略していないかどうか留意しながら書く。
    何を伝えたいか意識して書く。何を書きたいかが明確であれば文章は浮かんでくる。

  • ロジカルシンキングの入門書籍としては読みやすい。内容は、同著者の論理的な考え方が身につく本と重複する部分が多い。

  • 比較的長い文章をかく人がターゲット。この本の著者は本当に毎回これだけの手間をかけているのだろうか。

  • 新聞広告欄に載っていたので購入しました。
    あまり印象に残る内容はなかったかなぁ~。

  • 未読

  • 文章量もそんなに多くなく、図つきで丁寧でわかりやすかった。参考にさせてもらおうと思います。

全11件中 1 - 10件を表示

西村克己の作品一覧

西村克己の作品ランキング・新刊情報

論理的な文章の書き方が面白いほど身につく本 (知りたいことがすぐわかる)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

論理的な文章の書き方が面白いほど身につく本 (知りたいことがすぐわかる)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

論理的な文章の書き方が面白いほど身につく本 (知りたいことがすぐわかる)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

論理的な文章の書き方が面白いほど身につく本 (知りたいことがすぐわかる)はこんな本です

ツイートする