本当に頭がよくなる1分間勉強法

  • 1879人登録
  • 2.81評価
    • (50)
    • (124)
    • (309)
    • (155)
    • (104)
  • 287レビュー
著者 : 石井貴士
  • 中経出版 (2008年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806131069

本当に頭がよくなる1分間勉強法の感想・レビュー・書評

  • 寝る前のフォトリーディング&起床後の高速リーディング。

    継続することによって身につく能力。また復習するためのカラーリング。

    面白いと思った。

  • ふつーの自己啓発

  • あまり受け入れられなかった、読んだ当時は。捨てる意味で読書の師匠にあげちゃったけど、もう一回読んでみたいなぁー。スピードラーニング的な事には興味あるから。

  • 参考。ブックオフで買って読んだ。

    自分のレベル以上のことには対応できないのか。。。
    自分のレベル以上のものを手に入れたいから本を読んだり資料みたりして勉強するのだと思うのだが。

  • 全体的な筆者の考え方は新鮮で面白いと思った。が・・・

    読むのではなく「大事な部分」感じるために、ただひたすらページをめくり、それを繰り返す。従って速読とは全く異なる。
    60分で1回読むより、1分でパラパラ見る作業を60回繰り返すほうが内容定着に効果的。
    時間を短縮するだけなので、知らないことは時間をかけても繰り返して読んでも永遠に理解できない。

    以上から「理解した内容を忘れないように繰り返し見直すための方法論」ということになってしまう。決して「1分間で1冊の本を理解したり勉強したりする方法論」ではない。
    また、繰り返し読む、大事な部分を書き出すという作業はそれなりに時間のかかる作業なのでは?

  • 参考になる部分はあったと思います
    実践してみようかは迷いどころですね…

  • タイムマジック 1冊60分→1冊1分
    カラーマジック 1分60冊分の復習

    自分には1分間勉強法をマスターできて当然だ。自分には必ずできる。→思い込むこと

    もっと早く走れる→40人中38人がタイム短縮

    イライラ→1分は長く感じることができる

    英単語は書いて覚えるな→見て覚えろ

    読書→自分への最大の投資

    繰り返し→長期記憶になる

    専門家になる→学校→無駄 図書館で200冊の本 徒歩と新幹線の差

    知識の4段階
    ①見た瞬間意味が分かる②数秒で思い出す③見たことがあるが思い出せない④見たことも聞いたこともない

    ②,③段階を勉強するのが効率的

    朝こそ勉強

    本を読む概念を捨てる leadする いい女かどうか、友達になれるか、相手の体調を第一印象で感じ取ることと同じ
    本のページに対して感じ取る能力

    200ページの本の読み方
    右ページ1、2、3 左ページ1、2、3→6秒 100回→600秒=10分
    1、2、3でページをめくる 100回→300秒=5分
    右手で持って左手でめくる 1秒以内→1分
    周辺視野で目に入ってくる
    イライラ→時間が長く感じる 苦痛は長く感じる

    右脳は色に反応
    赤 緑 黄 青 1study.jp
    赤を持ち歩く→常に最重要のものだけを復習できる状態にする

  • 勉強how to本。
    なるほどと思ったので、カラートレーニングは早速実践。

    ブックイヤーは好きじゃないので
    付箋でやってみる!

  • やらないとわからない。やります。

  • 字も大きく読みやすかった。最初の方にできると思い込まなければできないとかいてあります。
    きっと疑って読んだ人にはわからないだろうと思う内容です。

    方法云々のほかにも伸び悩んでいる理由がわかったきがします。

  • あまり使うことのない本

    売る!

  • 平成26年8月8日(金)
    うーん、ホントかなぁ?出来るなら溜まってる本をあっという間に読めそうだけど…

    英語なら英語を話せるようになりたいけど、これは試験対策みたいな印象を受ける。

    でも興味あるので試してみたいな。(笑)

  • 【今すぐ、しなければならない最重要なこと】・・赤
    【しなければならない重要なこと】・・緑
    【後回しにしてもいい重要なこと】・・黄
    【しなくてもいい重要でないこと】・・青

  • 本を読む概念を捨てる話は最初は???だったけど、記憶してるかしてないかだったらじっくり読んでも覚えてないものは覚えてないから、確かに!って思った。全く新しい考え方。

  • 【fabe】とりあえず4色ペン、付箋を用意しました

  • 魅力的なことが書いてあるが、実践可能なのか分からない

  • この本で紹介していたことをこれからすぐに実行してみたいです!

  • うーん。。。頭が良くなるのだろうか?繰り返しは大切だけど。

  • ・「私にはできる!」と思い込むことで、潜在能力が引き出される

    ・「自分の可能性を信じる力」があれば、限界は存在しない

    ・「読書こそが自分の頭への最大の投資=勉強」

    ・人間の能力に、差はほとんどない
    →生まれつきの能力の差など、ほとんどない。後天的に、効率的な勉強方法をみにつけられるかが重要。

    ・「手で書く勉強」こそが、いたずらに勉強時間を長引かせる諸悪の根源
    →「書いて覚える」よりも「見て覚える」方が頭が疲れるのは、頭を使っている証拠。

    ・「朝寝は時間の出費である。しかも、これほど高価な出費は他にはない」(カーネギー)

  • 基本的に言っていることは、フォトリーディングと同じ?勉強法としては、手で書く勉強より目で覚える…確かに時間は短縮されるはず。ぐらいかな?あとは、なんだかパッとしなかった。

  • よし!次の3連休で挑戦だー!

  • 具体的なオススメの本を記してくれているし、
    著者の人生の葛藤も垣間みれて楽しく読めた。

    完全に真に受けて、カラーシートの焼き付けをしてます。
    知識を埋め込み、1秒で捲る。

    騙されたと思って一回やってみようと思うし、
    なんとなく理に適っている気がして面白そうだと好奇心がくすぐられた一冊。

    オススメ本も買ってみる。

  • 自己啓発ってみた。

全287件中 1 - 25件を表示

本当に頭がよくなる1分間勉強法に関連する談話室の質問

本当に頭がよくなる1分間勉強法を本棚に「読みたい」で登録しているひと

本当に頭がよくなる1分間勉強法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする