年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち

  • 384人登録
  • 3.21評価
    • (9)
    • (31)
    • (46)
    • (22)
    • (2)
  • 47レビュー
著者 : 伊藤邦生
  • 中経出版 (2013年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806146346

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川原慎也
三浦 しをん
ウォルター・アイ...
佐々木 圭一
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちの感想・レビュー・書評

  • 証券だろうが不動産だろうが投資するなら勉強しましょう。思考停止で儲かる投資など無い。

  • 図書館で借りて、パラっと目を通したが、読む必要はない本だった。タイトルに惹かれて借りてしまった。買わなくてよかった…

  • 借金に対する頑なな思い込みに気づかされた今日この頃です。にっちもさっちもいかなくなってする借金はよくないかもしれないけれど、資産運用のためのあえての借金はありなんだなと思うことができました。きちんと勉強して、自分で判断できるようになるべく準備が必要だということもよくわかりました。

    証券会社の人はその証券口座を持とうと思わないと言っているのがとても意外でした。

  • 豊かな人生とは。
    安易な投資に反省。
    カモからゴールドスワンとまでは言わないが、
    お金の主人になりたい。

  • タイトルからも読み取れるほど、金持ち父さん貧乏父さんを要約して実体験を参考に実例も踏まえて書かれた本。不動産投資が素人にも優しくてオススメという内容で、読み終えた時はやろうかなと思うが、実際に投資をするなら1年間は勉強して知識を身につけないと最終的に破滅するよと再三にわたって警告している。素人が引っ掛かりやすい不動産投資の罠は参考になったので実際に投資の勉強を始めて、いざという時に読みなおしたい。
    自分の得意なフィールドで優位性を発揮できるようになるまで勉強しろと書かれているが、具体的な勉強法等はお任せで、不動産投資啓発本だったが、興味を持ったのも事実。あとは自分のやる気しだいか。

  • 不動産投資をして不労所得を増やしましょう、という内容。
    不動産を勧めるのは、それが素人のマーケットだからとのこと

  • お金に対する行動がステージ別に分けられている。
    まずは、あひるのステージへ。
    投資の中で不動産投資を選択する。
    優位性が重要。勉強をして優位性を得る。
    その為、2013年は勉強する。
    2014年購入。

  • 金持ち父さんの現代版不動産投資♪
    不動産投資を、ちゃんとやりたいならすごくいいのかも♪
    サラリーマンが誰のために働いてるのかに向き合えるけど、着地は不動産( ☆∀☆)

  • 給料の川→衣食住の川
    自動引き落とし

  • マーケティングが盛んになっているから当然意志を持っていないとお金を使ってしまう。
    (まだ読み途中)

  • 「金持ち父さん貧乏父さん」のダイジェスト版のような内容でした。
    投資については著者の経験をふまえ、多少詳しく書いてあります。

  • 金持ち父さん貧乏父さんの類似本。マーケットでの優位性を確保した上で投資を行うこと。証券より不動産のほうがリスクは低く不労所得を得やすい。優位性の確保の仕方が知りたい。

  • 資産を築くには、ゴールデンリバーが必要。
    自分も早く、給料の川だけではなく、キャッシュポイントを複数持ちたい。

  • 自分で勉強して投資すべし。

  • 金持ちとそれ以外の違いは、インプットの量ではなく、入り方と、出方の種類と、割合と言う事。
    普通は、金をプールするダムと4本の川(給料、衣、食、住)だけだが、これでは、いつまでたっても金持ちへの道は開かれない。
    ゴールドリバーと言う不労所得と資産の川を作る事の重要性は、本多静六氏の本に納得した後なので、なるほどと思った。
    ゴールドリバーを作ることが、金持ちへの道

  • •優位性で投資、人任せにしない
    •分散投資、投資信託は意味が無い
    •フルローンは高い利益水準以外はやらない

    《アクションプラン》
    •目先は投資資金貯蓄ー300万円
    •300万円貯めて少額不動産投資or少額ワイン投資
    •グループB保険のカット
    •投資用ローンは次の赴任前か、家賃補助付きで東京勤務の場合再検討
    •今の持ち家は賃貸に
    •金持ち父さん貧乏父さんを読む
    •ワイン投資の本を読む

  • 比喩の表現がピンとこないし、論理が納得しずらい。そうかな?の多い本であった。

    良いなと思ったフレーズ
    •分散投資は資産を守る物ではなく、ファンドマネージャーの職を守るための言葉である。

  • とても参考になった。まさに日頃思っていた内容の本。セールスマンの言うままに新築マンションやクルマなどのローンを組んで首が回らないようになって目先のお金を稼ぐために毎月毎月働かないと行けない。そんな人生面白くないよね。不労所得を構築する工夫が人生を変えるかもしれません。

  • さすが、面白かった。不動産とうししたくなった。あ

  • チェック項目7箇所。年収1000万円の貧乏人と年収300万円のお金持ち、その差を分けるのはものは何か? 「自分のために働き、自分のお金をつくる」「自分のお金を働かせて、お金を生ませる」この2つの<お金持ちになる法則>を知っているかどうかなのです。強い意志がないとお金を使ってしまう社会で生きている、はっきりいいます、現代社会の中で生活することは、「多くの企業が練りに練った販売戦略を行い、消費活動を喚起させようとしている社会で生きていく」ということなのです。ひとまず、もらった給料の1~3割を貯金箱(貯蓄用の通帳)に入れてしまうのです、そして残ったお金でその月の生活費の予算分けをして、その予算内で生活する、ただそれだけです、シンプルですが、とても重要な行動です、この習慣がない人は、いつまでたっても、自分のお金をつくれません。なぜ、お金持ちの人が破産するのでしょうか、答えは簡単です、「富を維持するには、それに見合った能力が必要」だからです。投資で大事なことは、「自分で判断できること」です、自分で割安かの見当がつけば、売買の判断ができるようになります、これができないと、不動産会社のセールストークにだまされて、たいしてよくない物件を高値で買ってしまったり、ほかの人の意見に流されたりします。不動産投資のコンサルティングをしていて気がついたのですが、このような投資をした多くの人は、「投資で失敗しました」と絶対に表では言わないのです、すでに高額の借入れをしていて引き返せない状態なので、絶対に「自分は投資で失敗しました」とは言えません、失敗を認めたくないのです。「投資でお金を増やしていく」のは、みんなが簡単にできることではありません、なぜなら、人間には欲望があるからです、欲望とお金は切っても切れない関係にあります、つまり、人の行動は、欲望という感情に大きく左右されがちなのです。

  • 優位性が持てる分野で戦え。

    投資はゼロサムゲーム。誰かが得をしたら誰かが損をしてる。

    不動産投資は、素人が多いフィールドだから、狙い目。


    強みを極限化すること、感情を超えること、など、投資に限らずよく言われてることが、投資でもまた大事だった。

全47件中 26 - 47件を表示

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちの単行本

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちのKindle版

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちの文庫

ツイートする