事例に学ぶ企業と従業員の犯罪 予防・対応チェックポイント (現代産業選書企業法務シリーズ)

  • 2人登録
  • 経済産業調査会 (2016年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806529880

大西隆司の作品

事例に学ぶ企業と従業員の犯罪 予防・対応チェックポイント (現代産業選書企業法務シリーズ)を本棚に登録しているひと

事例に学ぶ企業と従業員の犯罪 予防・対応チェックポイント (現代産業選書企業法務シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

事例に学ぶ企業と従業員の犯罪 予防・対応チェックポイント (現代産業選書企業法務シリーズ)の作品紹介

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビジネスの場面で想定される犯罪の具体的な事例と回答
チェックポイントによる要点の整理と詳しい解説!
これを知らなければあなたも犯罪者に!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 近年、食品の偽装表示や異物混入、粉飾決算等の企業不祥事に対する世間一般の見方は非常に厳しくなっています。また、会社の上層部のみならず従業員個人の不祥事であっても、企業倫理に違反するもの、ましてや刑事事件となる場合は、その対応を誤ると企業の存続まで危うくしかねません。

 企業関係者が何らかの刑罰法令に違反する場面は多種多様なものがあり、決して他人事ではありません。経営者や従業員の不注意や法律知識の欠如などにより刑事事件のリスクが発生してしまう可能性も大いに考えられます。

 本書は、従業員の管理やビジネスの場における具体的な場面を想定した事例と端的な回答により、企業や従業員が関わる犯罪の予防とその対応への理解を深めて頂けます。また、事例における論点をチェックポイントにまとめてわかりやすく整理し、従業員への処分のあり方や、刑事処分の内容について解説しております。その他に、「外れ馬券裁判」等の著者弁護士らが実際に担当した事例を交えたコラムを収載しております。

 それぞれの事例を、企業法務が専門の弁護士、元検事として経済犯罪の捜査・公判や刑事弁護に関わってきた弁護士が分担して執筆することにより、より実態に沿った、深い内容となっております。

ツイートする