KAMINOGE vol.66

  • 5人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : KAMINOGE編集部 
  • 東邦出版 (2017年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784809414992

KAMINOGE vol.66の感想・レビュー・書評

  •  ガロ系の大先輩みうらじゅんさんのロングインタビュー。トランプ大統領がブラッシーに似てると言う指摘が面白かった。

     変態座談会でベイダーがハンセンにサミングされていたことをあっさり告白、それを全く恨んでいないことにも驚いて嘘じゃないかと思ったが、その後オブライトのことを死んだ後なのに未だに憎んでいたので、本当であることが分かった。

     菊田選手がUWFの新弟子時代につらい思いをされていたそうで、その後総合時代となりパンクラスで鈴木みのる選手との試合で、変な雰囲気だったのはそのせいだったのかな。

     マッスル坂井さんが飯伏選手に新技の開発を依頼する際に料金について話し合っていたのがとても面白かった。必殺技の価値はお金にしたらいくらなのだろう。
     
     また4ページの月刊連載漫画で続くを2回もしてしまった。内容がくだらなすぎるし、次回ではきっちりこのお話を終わらなければならない。

全1件中 1 - 1件を表示

KAMINOGE vol.66を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

KAMINOGE vol.66を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

KAMINOGE vol.66を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする