授業 俳句を読む、俳句を作る (「ひと」BOOKS)

  • 7人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 青木幹勇
  • 太郎次郎社エディタス (2011年6月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784811807461

授業 俳句を読む、俳句を作る (「ひと」BOOKS)の感想・レビュー・書評

  •  初版は1992年で,私の本棚にあったのは,こちらのものです。
     学校でも,「全校で俳句に取り組もう」といって,時間をとって作らせたりしてきたのですが,どうも,作らせっぱなしの感がしています。俳句を作らせてどうしたいのかが分かりません。
     そこで,そのあたりをつかむために積ん読だった本を読んでみたわけです。
     著者が実際に小学校の高学年で行った授業記録も紹介されています。4年生に国語で習った「ごんぎつね」という物語をネタにして,俳句を作らせるという実践です。
     最初は,著者が作った俳句の一部を空欄にして穴埋めにさせます。その場所にいろんな言葉を入れながら,言葉の違いによってどんな風に感じるかを交流します。
    「きのう栗 ○○○○○○○ 両の手に」…さて中七に入るのは何だろう?という案配に…です。
     著者の句「コスモスをもらうお手々のごはんつぶ」
     ある程度導入の授業をした後は,通常の物語の授業の最後に,自分のすきな場面を選んで俳句を作らせるのもいいかもしれないなと思いました。
     紹介されている子どもの句には,次のようなものがありました。
    ・空ぶりの バットのむこうに いわし雲
    ・先生が たいいんしたよ とんぼさん
     これらの句を3行で書くという取り組みも,新鮮でいいなと思いました。

  • プレバトで、いつき先生の酷評を聞いてるうちに、なんだか興味がわいてきて、
    長男が中学で毎月作らされる俳句を学級通信でクラス全員のを見てると、「あ~季がさなりだよぉ」とか一人突っ込み^^
    その流れで借りてみた。

    「天国は もう秋ですか お父さん」
    「あじさいの 庭まで泣きに いきました」
    は、本気でウルッときた!我が家の息子たちも頑張れ!

全2件中 1 - 2件を表示

授業 俳句を読む、俳句を作る (「ひと」BOOKS)を本棚に登録しているひと

授業 俳句を読む、俳句を作る (「ひと」BOOKS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

授業 俳句を読む、俳句を作る (「ひと」BOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

授業 俳句を読む、俳句を作る (「ひと」BOOKS)の作品紹介

子ども俳句のコンテストへの応募者は20万人。みずみずしさ、独創的な感覚、意表をつく表現は、子どもたちを魅きつけます。子ども俳句から出発し、物語による俳句指導に至るまで、短詩型文学の授業の楽しさが語られ、教室や家庭で、子どもとの対話が生みだされます。1992年に刊行された授業記録の復刊です。

授業 俳句を読む、俳句を作る (「ひと」BOOKS)の単行本

ツイートする