震 フルエ (恐怖文庫)

  • 55人登録
  • 3.73評価
    • (2)
    • (8)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 黒木あるじ
  • 竹書房 (2010年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812443460

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
つくね 乱蔵、山...
有効な右矢印 無効な右矢印

震 フルエ (恐怖文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「物音」が印象深い。親子揃ってマイペースにほっこり。

    死神に8年待つと言われ、8年目まできてしまった人「死神」、
    5年、7年猶予があったけど次の年20歳を向かえる「寝言」
    何もしていないわけではないだろうけどもなんかモヤる・・

    最後の「幸子」はどこかで読んだ気がすると思っていたけど多分N女史が書いた別の怪談本で読んだ・・?

  • これは面白かった。

    『寺猿』と『花火』、『予潮』がお気に入り。そういうのはあるかもね〜。

  • 残りあと少し読んでなかったので読みました。
    自分の中でちょっと苦手な部類の話っていうのもこうゆうの読んでるとよく解りますね。
    人形の話とか幸子さんの話が正にそんな感じ。

  • ああ怪談てなんて面白いんだ、と久しぶりに思わせてくれました。

  • ダ・ヴィンチ文庫の「無惨百物語」があまりに良品だったので
    同作者の過去作が読みたくなって購入した一冊。

    黒木あるじは、怪談の中にも
    人間関係の温もりを書く巧さがある。
    中でも「花火」は、涙を誘われた。

    内股に観音菩薩を彫り込んだ風俗嬢の話も
    いかにもありそうで面白い。

  •  こ、怖かったッス……(泣)。
     怪談、大好きだし読んでる時は何ともないんだけど、夜中に目が覚めたり、シャワー浴びてる具う時後悔するんだよね、いつも……(でも止められない)。

     一番気持ち悪かった話は『形見』。
     他にもっと怖い話は沢山あったのだけど、これが一番尻の座りが悪いというか……幽霊話でも化け物話でも祟りなんかの類でもないし……。
     特段怖いワケではないのに、凄くイヤな気分になる話だった。

     ホロリとする話も幾つかあって、良かった。

  • -

    -

全9件中 1 - 9件を表示

震 フルエ (恐怖文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

震 フルエ (恐怖文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

震 フルエ (恐怖文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

震 フルエ (恐怖文庫)はこんな本です

ツイートする