THE ARK 失われたノアの方舟 上 (タイラー・ロックの冒険1)

  • 97人登録
  • 3.67評価
    • (3)
    • (10)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 8レビュー
制作 : 阿部 清美 
  • 竹書房 (2013年12月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812497951

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ・ロリ...
アレックス・ミッ...
アレックス・ミッ...
ピエール ルメー...
ジェームズ・ロリ...
ジェームズ・ロリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

THE ARK 失われたノアの方舟 上 (タイラー・ロックの冒険1)の感想・レビュー・書評

  • サスペンス冒険アクション

  • 現代版ノアの方舟?に挑む冒険小説。シグマフォースシリーズより少し軽い感じ。下巻に期待。

  • 面白かったです。
    冒頭からアクションと謎の連続で息がつかないほどでした。同時期にシグマフォースシリーズの一巻も読んだのですが個人的にはこちらのほうが好みです。
    詳しい感想は下巻に。

  • アメリカっぽい、アクション映画のよう。

  • ボイド・モリソンによるタイラー・ロックシリーズ第1弾の上巻。
    作者のボイド・モリソンは本作で大きく世に認められたということらしいが、上巻ですでに何となく納得できる。スピーディな展開、ノアの箱船にまつわるなぞ、アクセントのように添えられる恋愛要素など、押さえるツボは押さえてある印象。
    タイラー・ロックはやり過ぎなくらいのスーパーエンジニアで、彼の会社「ゴルディアン・エンジニアリング」は国家機密にもアクセスできるという、民間企業にしてはオールマイティな位置づけ。タイラー自身も特殊部隊の経験があるなど、ほとんど「こんな奴いねー!」といいたくなるレベル。しかも、大豪邸に住んでいる。センスのいい亡き妻のことを忘れられないという辺りが人間味を深めさせる要素といえばそうだが、反則的なまでの設定はまさに物語だから許される。
    そんなスーパーエンジニアがひとたび物語の中に放り込まれると、嵐の海に落ちたヘリの乗員を救命ボートで救出したり、破壊活動を行おうとした侵入者を独特のカンで追い詰めたりととんでもない活躍をする。これが設定とうまくハマって読んでいて小気味いい。
    ノアの箱船が物語にどのように絡んでくるのか、上巻では輪郭くらいしか見えてこない。下巻で物語がどんな展開を示すのか、期待に胸がふくらむ。

  • 冒頭からアクションの連続
    早く下巻に突入したい。

全8件中 1 - 8件を表示

ボイド・モリソンの作品一覧

ボイド・モリソンの作品ランキング・新刊情報

THE ARK 失われたノアの方舟 上 (タイラー・ロックの冒険1)を本棚に登録しているひと

THE ARK 失われたノアの方舟 上 (タイラー・ロックの冒険1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

THE ARK 失われたノアの方舟 上 (タイラー・ロックの冒険1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

THE ARK 失われたノアの方舟 上 (タイラー・ロックの冒険1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

THE ARK 失われたノアの方舟 上 (タイラー・ロックの冒険1)を本棚に「積読」で登録しているひと

THE ARK 失われたノアの方舟 上 (タイラー・ロックの冒険1)の作品紹介

考古学者デイララ・ケナーは、旧友のサムから連絡を受け、彼女の行方不明の父親に関する重大な情報を得たと言われる。発掘現場を早々に引き上げた彼女は、サムと会うべくロサンゼルスに舞い戻った。しかし、ロスの空港で彼が口にしたのは、父自身のことではなく、父がライフワークとして長年探し求めてきた"ノアの方舟"と、それによって莫大な数の人間が死ぬ可能性があるという衝撃の事実だった。そして、タイラー・ロックを探せと言い残して息絶えてしまう。ディララは、元陸軍兵だったタイラーの居場所を突き止め、協力を求める。"ノアの方舟"の謎とは?そして、人類の文明を壊滅させようと企む、カルト集団の計画とは?真相に近づきはじめた2人に残された時間は、たったの7日だった…。

THE ARK 失われたノアの方舟 上 (タイラー・ロックの冒険1)はこんな本です

THE ARK 失われたノアの方舟 上 (タイラー・ロックの冒険1)のKindle版

ツイートする