囀る鳥は羽ばたかない 2 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)

  • 1312人登録
  • 4.50評価
    • (249)
    • (116)
    • (34)
    • (4)
    • (1)
  • 58レビュー
  • 大洋図書 (2013年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784813030348

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

囀る鳥は羽ばたかない 2 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 読後感が悪いわけではなく、もやもやしたやるせなさが胸に残って、打ちのめされ感がまたもやキツい。
    この先どうなっちゃうの、こわい……ハッピーエンドが思い浮かばないけれど、どういう形で話が収束していくんだろうか、すごく楽しみ。
    天羽さん好きだな。

  • 細やかな感情の変化をきちんと表情に乗っけるのが本当にうまいなぁと改めて思った。なんといっても表紙が素晴らしい。

  • つ、続きを!続きを読ませてください!となる2巻でした。もうでかいワンコのような百目鬼さんにキュンキュンしっぱなしです

  • シリアスさがさらに増してきた。

    組長三角と矢代、矢代の兄弟分の組長竜崎と矢代の話あり。

    矢代さん相当な好き者ですけれど、やはり美しい。
    百目鬼さん。。。

  • 初っぱなから警官コスプレ。
    たまらん。
    この空気感もたまらん。
    いい。
    この世界感。
    抜け出せなくなる。

    ***以下ネタバレ***
    相変わらずな二人。
    距離は遠ざかることもなければ、縮めることもない。
    そんな中、矢代と影山の間にある空気を敏感に感じ取る百目鬼。
    矢代に惹かれている自分に気づくと同時に、勃つかもしれない不安。
    勃ってしまうと側に置いてもらえないかもしれない。
    それは矢代に対する気持ちが変わったから。
    そして矢代が撃たれる。
    責任を感じ罪の意識から小指を落とす。

    過去編突入。
    矢代がやくざに入ったきっかけ。
    今以上にぐちゃぐちゃだったとき。
    三角と矢代の出会い。
    影山の家を助けるためやくざの道へ。

    影山のコンタクトケースを捨てられたときの表情が苦しい。

  • やくざものだけど、ギトギトしていなくていい感じ。

  • きな臭くなってきました。そして本当に切ない…。矢代が極道の道に進んだきっかけが影山って…何でそれを影山は知らないんだよー!鈍感すぎるだろー!

  • 不憫過ぎるぅ。そして続き早よ。
    百目鬼がぐらついてて美味そうですな。

  • ヤクザ同士(下っ端×頭)
    天羽さんやっぱいいキャラだな。
    影山×久我が結構好きなんだよね。
    矢代は切ないとこがいいな。

  • ヤクザの矢代と矢代に心酔する元警官の部下・百目鬼、矢代と高校時代からの腐れ縁の医者・影山、影山の美しい若い恋人・久我、その他矢代の舎弟達や組織のライバルなど、出てくる男たちが皆一筋縄ではいかなくて、でもそれぞれにひどく魅力的。生粋のマゾの変態である矢代が、しかし本当に好きになった相手には手を出せなかったり、父親の妹に対する虐待をきっかけに性的不能になってしまった百目鬼が矢代に抱く恋心(というより畏敬?)など、とてもせつなくて胸がぎゅぅっとします。矢代の過去の話が途中途中ではさまり、今のふてぶてしさと危なっかしさを併せ持った矢代の性格がどう育成されてきたかがわかった後に、第一話の影山との話を読むと胸が詰まる想い。
    ときおり出てくる、矢代が百目鬼に膝枕をさせるシーンが好き。

  • 残りのページ数だけをひたすら気にしていました。
    ずっと読み続けたい、ただそれだけ。
    読み終わりは苦しいというか切ないというか、もっと違う表現の言葉か相応しい様な、なんか不思議な感覚でした。
    ヨネダコウさんて、なんでこんな素晴らしい事を考えられるんだろう?言葉の感性と表現の繊細さと。もーっ、作品全部好きです!
    百目鬼が言った「俺にはぜんぶ綺麗に見えるんです。」って、私にもそうにしか見えてません(笑

  • 横断歩道で「どんだけ慌ててんだよ」っていう矢代の絵が美しすぎる。三角さんと矢代の関係も良いしカラーイラストも良かった。最高。

  • 七原がいい。キャラもいちいちいいなどうしよう。
    陳腐すぎる言い方だけど、矢代と百目鬼との間の不器用なところがいい。
    借り物だけどここまでと続き買いたいな

  • 真誠会若頭で真誠興業の社長である矢代は、ドMで変態、そして淫乱だ。
    元警察官で付き人兼用心棒の百目鬼は、矢代を綺麗と言ってはばからず、心酔している。
    だが、矢代が昔から想いを寄せる影山と、その恋人久我の存在を知ると
    次第に百目鬼の矢代への想いも変化し、それを自覚していく。
    そんなとき、矢代が何者かに狙われる。

  • 待ってたんですよ竜崎×矢代……!!!!ただただ欲だけを目的とする矢代さんと、そんな矢代さんに拗らせた恋しちゃってる竜崎さんがま~子供で可哀想で不憫で報われない!誘われて簡単に引っ掛かる竜崎さんは矢代さんの中では蚊帳の外、重要人物は他にいっぱいいて、あまりにも振り向いてくれないからやっちまったのかな?やっちまったからって竜崎さんの身分が格上げする事なんて無いのに…愛で駄目なら憎もうってか。可哀想に。百目鬼とどうなっていくのかがとても楽しみです。

  • ヨネダさん積本消化…が、これは続きが気になる!!!
    もう少し積んでおけば良かったかもww
    3巻はやく読みたいです…

  • 矢代の過去が重い……重いから悪いんじゃなくてずどんと内臓にくるような展開がいきなりきたので心の準備できずに結構沈みました。
    こんな風に丁寧に人の人生を編み込んで作り上げられるヨネダ先生はすごい。
    一巻で妹さんの存在を見たために、矢代に想いを寄せるごとに沼に沈んでいく百目鬼に今なら帰れるよと言いたい気持ちで一杯なんだけど、このまま一緒に沈んで幸せになるんだよとも言いたい気持ちもある。
    職業柄ハッピーエンドは難しいんじゃないかと思う。そういう展開の本は途中離脱してしまうのだけど、最後まで読みたい大事な作品。

  • 表紙がとても綺麗。
    内容も今後の展開がとても気になる。

  • 矢代はまだ一度も手に入れてない…。
    コンタクトケース…あああっ(´;ω;`)
    矢代も百目鬼も一途だなあっ!
    切なくて、つらい…

  • 早く3巻を・・・。
    持ち上げるだけ持ち上げておいての落としっぷりには見惚れる。指まで落とさせるとは容赦がない。なんでこう色っぽいかね。

  • 続くのかよ・・・。
    矢代さん、百目鬼みたいな子が来てくれてよかったねぇ。
    はぁぁ、焦れったい。

    ヨネダさん、BL描くのうまいなぁ。
    うまくいえないけど、色っぽいんですよね。NLだと成り立たないもんなぁ。
    他の作品も読んでみます。

  • 2巻は、矢代の過去への切り込みが深く、凄く痛々しく、残酷でこの過去があったから今の'' 矢代 ''という男が居るのだと思うと胸が苦しくなりました。少しずつではありますが、矢代と百目鬼、2人の距離は確実に近付いていると実感でき一読者として嬉しく感じましたが、後半の展開は予想外で流石ヨネダさん、と感心しました。読み終わった後は、囀ずる~の世界観から抜け出せず暫く放心状態でした。'' 主従関係 ''に縛られながらも矢代への想いを募らせていく百目鬼に対し、矢代は感情を表に出さない人なので百目鬼をどう想っているかは分かりません。只、百目鬼だけに見せる表情、一つ一つの言動からして心を許してるという事は確実かと。この2人を襲う困難は始まったばかりかと思いますが、御互い幸せになるように、ただただ祈ってます。

  • 指はつめなくてよかったと思う。
    それがなければ☆5つ

  • くっつくの?くっつかないの?!気になるーーー!

全58件中 1 - 25件を表示

囀る鳥は羽ばたかない 2 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)を本棚に登録しているひと

囀る鳥は羽ばたかない 2 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

囀る鳥は羽ばたかない 2 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

囀る鳥は羽ばたかない 2 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

囀る鳥は羽ばたかない 2 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)のKindle版

ツイートする