玉響 (H&C Comics CRAFT SERIES 62)

  • 497人登録
  • 4.12評価
    • (60)
    • (49)
    • (32)
    • (4)
    • (1)
  • 33レビュー
著者 : ゆき林檎
  • 大洋図書 (2014年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813030492

玉響 (H&C Comics CRAFT SERIES 62)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルから良い。切ない再会モノ。

  • 俺はお前を5年も待っていたのに...

    婚約者と芸者の娘が可哀想で可哀想で..

  • 美しい。その一言です。

  • 貿易商の一人息子とその幼馴染で作家を目指す社交派モテメンのお話でまるんと一冊。物語は関東大震災を挟んで描かれる大正時代。話の流れ方、登場人物、彼らの背負うモノ、言動、絵柄…が全て重いはずなのに風が吹くように流れ去る。澱み濁りが意外とないのでイマイチ愛着が沸かない。でもそこがこの人の良さなんだろうし、エロはエロイし、二人の顔は可愛いし、メガネはないしでひとまず満足です。

  • 貿易商の一人息子である麻倉と唯一心を許した幼馴染みの立花の再会愛、時は大正時代… 情熱的で熱く胸打つ作品でした。揺れ動く時代にすれ違いながら気持ちを抱えて生きた2人が切なかった。お互いを選んだ事で色々な事があったはずだけど、最後まで2人で歩んだ道が幸せだったであろうラストに胸がいっぱいです…

  • 久しぶりにきっちと纏まった丁寧な話になってるBL読んだ。
    時代物が好きというのもあるけど、凄く良かったです。BLで関東大震災書くのも珍しい。
    心の描き方が丁寧で、繊細で不器用なふたりの恋愛が心に沁みた。いっそ別離エンドでも良かったかなぁとは思ったけど。作家買いしたい方がまたひとり増えました。

  • 時間の流れと、あとたまにワープするところあってよくわからなかった…。心理描写はよかったです

  • 添い遂げる男と男の物語。静謐で美しい。

  • ゆき林檎さんは「混色メランコリック」を読んで、印象薄く乗り切れなかった記憶があるのですが(いや面白かったんですよ…!)、こちらは大人気だしRentaでキャンペーン対象だし、ということで読んでみました。
    表紙が儚げでそういう系かな、と思ったのですが、読み始めると絵はしっかり綺麗。大正な雰囲気も、大好きな由利先生(木下センセ)を思い出してワクワク。
    しかし……。お話は儚げというか、いいんだけど薄いというか、印象に残らないというか、好きだなと思うのにいつも読み終わったら内容を覚えていないカンジになってしまうのはやっぱり私の嗜好とベクトルが違うのかなぁ……。残念……。

  • 大正時代とラムネ、ビー玉。
    待たせ過ぎの婚約者がお気の毒。

全33件中 1 - 10件を表示

ゆき林檎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

玉響 (H&C Comics CRAFT SERIES 62)に関連するまとめ

玉響 (H&C Comics CRAFT SERIES 62)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

玉響 (H&C Comics CRAFT SERIES 62)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

玉響 (H&C Comics CRAFT SERIES 62)はこんなマンガです

玉響 (H&C Comics CRAFT SERIES 62)のKindle版

ツイートする